英語学習

入国審査から飛行機内まで!空港で便利に使える英語フレーズ25選

こんにちは、ハルカです。

一年の中で春休みやゴールデンウィーク、お盆やお正月など大型連休にはパーっと海外に旅行に行く方も多いと思います。

そんな中で絶対に逃れられないのが空港や飛行機内で英語を使わなければいけないということ。
「せっかくの旅行なのに、英語が伝わらずに立ち往生」なんて最悪ですよね。

そんな英語が苦手な方々のために、今回は「空港内、飛行機内で使える便利な英語フレーズ」とよく聞かれるフレーズをまとめてご紹介していきます。

入国審査官の質問&応対フレーズ(immigration)

入国審査イメージ

入国審査イメージ

まず第一関門は何と言ってもこれですね。
僕も初海外での入国審査は直前まで英語のフレーズを覚えていました。笑

一番不安な場面でしょうがこれから紹介するフレーズを覚えてスマートに入国しましょう!

May I see your passport?(パスポートを見せてください)

これは入国審査官がよく言ってくるセリフですね。
まぁ基本的に「passport(パスポート)」を聞こえたらパスポートを見せればOKです。

これに対しての返しとして以下のフレーズを使いましょう。

  • Here you are
  • Here you go
  • Right here

全部、「どうぞ」というニュアンスになるのでどれでも好きなフレーズを使いましょう。

ちなみに、パスポートを見せてくださいの他の文章で「Let me show your passport.(please)」やシンプルに「Passport please.」なども使われます。

What’s the purpose of your visit?(目的は何ですか?)

入国審査の際、目的(purpose/aim/reason)は確実に聞かれます。
他にも「Are you on business?」などの聞かれ方がありますが、「purpose/business」などの単語を聞き取れれば入国理由を聞かれていると思ってよいでしょう。

返答フレーズはこんな感じ。

  • I’m here on business.(仕事できました)
  • I’m here for sightseeing.(観光できました)
  • I’m a tourist.(観光できました)
  • I’m going to study English.(英語を勉強しにきました)

他にも簡単に「For business/vacation/studying」でも伝わりますが、上の文の方が丁寧です。

How long will you stay in the country?(どれくらい滞在しますか?)

これも確実に入国審査官に聞かれる質問ですね。
他にも「How many days ~」など言い換えることもあります。

返答フレーズだと

  • For 4 days(4日間です)
  • For a week(1週間です)
  • For a month(1ヶ月です)

などですが、究極に困ったらもう数字を言いましょう。笑

Where are you going stay?(どこに滞在しますか?)

僕がセブ島留学に行った時は聞かれませんでしたが、修学旅行でアメリカに行った時は聞かれた気がします。
なんにせよ、答えられるようにしておいて損はないです。

返答フレーズはコチラ。

  • I’m going to stay 〇〇hotel.(〇〇ホテルに滞在します)
  • I’m going to stay a share house.(シェアハウスに住みます)
  • I’m changing planes.(トランジットのみです(経由便))

まぁI’m going to stay 〇〇(場所名)で大丈夫です。

Do you have a return ticket ?(帰りのチケットは持っていますか?)

これは聞かれる時と聞かれない時がマチマチなのですが、もし聞かれた時に持っていないと入国できない場合もありますのでご注意を。

返答フレーズはコチラ

  • Yes, I do.(はい、持ってます)
  • Do I need show it to you?(見せたほうがいいですか?)
  • Sure, here you are.(わかりました、どうぞ)

通常ならばあまり見せろと言われないかもしれませんが、たまに聞かれます。
その時に持ってないと入国できなかったり、その場で帰らされることになるので非常にめんどくさいです。

Have you been here before?(以前にも来たことはありますか?)

これはパスポートを見せた時に入国と出国のスタンプを見て入国審査官が言ってくることがあります。
もちろん初入国の国だと何も言われませんが、「何度か行ったことがあるなら聞かれる可能性があるかもしれません。

返答フレーズはコチラ。

  • No, I have not./Yes, I have(いいえありません/はいあります)
  • It’s my first time.(これが初めてです)

「以前にも来たことがある」と言うと「How many times?」とか「What brings you to here again?」など「なんでまたきたの?」という質問をされますが、変わらず理由を言えば大丈夫です。

機内編

飛行機内イメージ

飛行機内イメージ

さて、ここからは飛行機内で使える英語フレーズ集です。

Excuse me, may I get through?

すみません、通ってもいいですか?

Excuse me, I think you have my seat.

すみません、そこ私の席だと思います。

Where is my seat?

私の席はどこですか?

Could I change my seat?

席を移動してもいいですか?

I would like to sit with my friend.

友達と一緒に座りたいです。

What kind of drinks do you have?

ドリンクは何がありますか?

アルコールの場合はdrinksを「alcohol drinks」、ソフトドリンクは「soft drinks」に変えれば大丈夫です。

Do you have a blanket?

ブランケットはありますか?

How do I fill out this form?

どうやって記入したらいいですか?(アライバルカード、税関申請書など)

さて、飛行機内で使えるフレーズはここまで。
基本的にはこれさえ覚えておけば大丈夫でしょう。

出国手続き&ターミナル内編

出国手続きイメージ

出国手続きイメージ

お次は日本に帰るときの出国手続きを英語でスムーズにしましょう。

How can I get to the other terminal?

別ターミナルへはどうしたら行けますか?

When can the passengers start boarding?

搭乗開始は何時ですか?

Where is the departure gate of flight 530?

搭乗口530はどこですか?

Where can I undertake the departure procedure?

搭乗手続きはどこでできますか?

Where can I make an automatic check in?

自動チェックインはどこでできますか?

I’d like to check in(for my flight).

チェックインお願いします。

Can I get a window seat?

窓側の席にできますか?

Why is the flight delayed?

なんでフライトが遅れているんですか?

Can I carry this bag on board?

このバッグは機内に持ち込み可能ですか?

I’d like to have one luggage checked.

預けたい荷物は1つです。

I’m going to have one hand luggage checked and carry another one on board.

手荷物は1つ預けて、もう1つは機内持ち込みです。

空港でよく見る英単語一覧

空港の電光掲示板

空港の電光掲示板

Boarding time:搭乗時刻
Departure time:出発時刻
Delayed:遅れ
On time:定刻通り
New departure time:新しい出発時刻
Gate change:搭乗口変更
Last call:最終案内
Gate closed:搭乗終了

覚えておくととても便利なので、是非脳みそに刻み込んでください。

おわりに

みなさん、覚えられましたか?
是非海外に行く際はこちらのフレーズ&単語を覚えてから行くことをオススメします。

あ、ちゃんと海外でもスマホ使えるようにしておいてくださいね。笑

関連記事