セブライフ

【お湯が出ない!】セブ島留学生必見のフィリピン・セブ島お風呂事情&硬水シャワーにもオススメのシャンプー

こんにちは、ハルカです。

今回はフィリピンのお風呂事情について書きました。
日本ではお湯が出るのは当たり前、湯船に浸かるのも当たり前。
むしろ本や映画なんか見ながら入ったりする方もいるんじゃないでしょうか?

でもフィリピンは一味どころか二味も三味も違います!
さてなにがどう違うのか?

ご覧ください!

ゆ、湯船がない!?

さーて、今日も一日頑張ったし風呂でも入るか。
、、、と思ったら

あれ、湯船がない、、。

あれ、湯船がない、、。

「なにー!?湯船ねーじゃん!」

一般的にフィリピンの過程には湯船はありません。
これはみなさん結構知っている方が多いと思いますね、海外は湯船がある方が珍しいです。

ちなみに四つ星・五つ星ホテルなどにはちゃんと湯船もあるので、旅行で行く方はそちらに宿泊すると良いでしょう。

セブ島での有名どころだと「ウォーターフロントホテル」「モーベンピックホテル」とかですね。
他にも色々あるので是非探してみてください。

それじゃー次!

便器の隣にシャワー

隣にダイレクトにトイレがある、、。

隣にダイレクトにトイレがある、、。

「トイレがもろ隣に、、。」

フィリピン・セブ島のシャワーは基本的にユニットバスが主流です。
トイレの隣にシャワーがあって、その間にはシャワーカーテンがあるくらい。

そして写真のように、僕が滞在しているゲストハウスにはシャワーカーテンすらないです。笑

別に1人で生活する分には大丈夫なんですが、ルームメイトがいるとどうしても

疑いきょうちゃん
疑いきょうちゃん
シャワー中、、。
ハルカ
ハルカ
ねぇ!めっちゃう○こしたいんだけど!
疑いきょうちゃん
疑いきょうちゃん
いや無理!シャワーしてる隣でう○こするつもり!?

みたいなことが頻繁に起こります。
ルームメイトとトラブルにならないように、う○こに寛容になりましょう、、。

それでは次です。

お湯がでるのは珍しい

まあ湯船がないのは仕方ない、、。

とりあえずシャワー浴びるか。

まぁとりあえずシャワーだけでも浴びるか、、。

まぁとりあえずシャワーだけでも浴びるか、、。

ん、温度調節どうやんのかな?
まあいいや。

うわ冷たっ!!

え、、!?

え、マジ、、?

え、マジ、、?

マジで?

もしかしてフィリピンって、、、。

ほとんどのフィリピン人の家はお湯が出ない

とあるフィリピン人の家

とあるフィリピン人の家

そうなんです、フィリピンの家って基本的に冷水シャワー。
ほとんどの家はお湯は出ないのでみんな水で洗っています。

なんならホースで水浴びして終わりなんてのも普通にあります。

「じゃーセブ島留学中は冷水シャワー?」と心配された方。
それはご心配なく。

語学学校の寮はホットシャワーのところがほとんどで、QQイングリッシュなんかは湯船まであります!

お問い合わせはこちら
留学品質!QQ Englishオンライン英会話

ちなみに僕の通っていた語学学校NILSもホットシャワーで、水圧もなかなかのものでした。

※詳しくは各学校にお問い合わせください

ちなみに旅行でセブ島に行く方へ。
ゲストハウスなんかだと、ホットシャワーじゃないところもあったりするので不安な方はホテルに滞在することをオススメします。

なので、ホットシャワーに関してはご心配なく!

それでは次!

日本と違う硬水!シャンプーは吟味しよう

あーシャワー気持ちよかった♪

キシキシするな、、。

キシキシするな、、。

ん、でもなんか髪がめっちゃギシギシするな、、、。
そう、僕やルームメイトたちは、セブ島留学中に「髪キシキシ問題」に直面しました。

なんでだろう?と調べてみた結果、その理由は、「硬水」にありました。
セブ島に限らずフィリピンの水は硬水なんですね。

でも硬水と軟水って言われてもよくわからない人もいますよね。

そんな人のために硬水がどんなものか、まとめてみました。

硬水の特徴

フィリピンの硬水シャワー

フィリピンの硬水シャワー

  • 水1ℓあたりの硬度が120mg(WHO基準)
  • 硬度はカルシウムやマグネシウムなどの含有量
  • ミネラル豊富で便秘改善に役立つ
  • カルシウムやマグネシウムの効果で動脈硬化の予防になる
  • 軟水よりも石鹸や洗剤が泡立ちにくい

硬水の特徴は以上です。

今回はシャワーの話ということで、実際に硬水で約半年間シャワーを浴びた僕の感想を言うと、マジで髪がギシギシになります。

でも僕のルームメイトにサラサラロングヘアがいたんですね。
そのサラサラロングヘアの秘密はシャンプーにありました。

良いシャンプーを選んでパサパサヘアーを回避しよう

僕の使ってる優秀なシャンプー

僕の使ってる優秀なシャンプー

みなさんが普段使っているシャンプーといえばなんですか?

  • LUX
  • パンテーン
  • ケスタラーゼ

市販のシャンプーはほとんどが500円前後のものですよね。
でもこういった安いシャンプーにはこんな成分が含まれています。

  • ラウレス硫酸Na
  • ラウレス硫酸TEA
  • ラウレス-3硫酸アンモニウム
  • ラウリルエーテル硫酸Na
  • ラウリル硫酸Na

以上の成分は原価が安くて洗浄力が高い「高級アルコール」です。
この高級は高くて良いものという意味ではなく、分子中の炭素が多いことを示しています。

「洗浄力が高いっていいことじゃないの?」と思うかもしれませんが、人間の頭皮にはダメージになるほどの高い洗浄力です。

簡単に言うとハゲる可能性が高くなります。

ハゲるかも、、。

ハゲるかも、、。

これらの成分は食器用洗剤に使われたりもしていますが、単純に考えて食器用洗剤で頭を洗ったら確実にパサパサになるのはわかりますよね?

なので以上の成分が入っていないシャンプーを使えばフィリピンの硬水でもサラサラな髪を保っていられます。
それはどんなシャンプーかというと、いわゆる「アミノ酸系シャンプー」です。

アミノ酸系シャンプーには以下のようなシャンプーがあります。

  • HIMAWARI(ひまわり)
  • ジュレーム
  • いち髪 ナチュラルヘアセレクト

どれも市販で購入できて、尚且つセブ島の硬水でも髪がキシキシにならないシャンプーです。
トリートメントも使えばなお良いでしょう。

お風呂は人々のライフワークにおいて必要不可欠なもの。
留学中や旅行中にお風呂が原因でストレスが溜まってしまうのはもったいないですね!

是非フィリピンに行った際は参考にしてみて下さい。

関連記事