空港/飛行機

【2019年版】フィリピンセブ・マクタン空港を完全網羅!搭乗口に遅刻した時の裏ワザも公開

こんにちは、ハルカです。

最近留学でも旅行でも色々な人が訪れる「フィリピン・セブ島」。

今日はそんな方々の為に、フィリピンのセブ・マクタン空港を完全網羅しました。

これを読めば、セブ・マクタン空港で迷うことはもう無くなります。

ということでまずはみなさんが必ず通る「入国審査」についてです。

【超カンタン】セブ空港での入国審査方法

さて、入国審査といっても見出しの通りで超カンタンです。

あなたがフィリピンに年に何度も訪れている方じゃない限り、何も聞かれないでしょう。

僕も初めてセブ島に行って入国審査を受けた時は「英語で答えられるかな、、?」ドキドキしていたんですが、何も聞かれませんでした。

ちなみに聞かれる可能性のある項目は以下の通り。

  • 何日間滞在するのか
  • なんの為にきたのか(ビジネスかバケーションか聞かれる)

大抵はこの2つくらいしか聞かれません。
安心して通過しましょう。

入出国の多い人は色々聞かれる可能性アリ

フィリピンに何度も出入りしていると「なぜこいつはこんなに入出国が多いんだ?」と不審に思われて色々質問される場合があります。

何もしてないのに疑われるのはちょっと嫌な気分もしますが、穏やかに質問に答えましょう。
怒ったりすると「こいつ怪しいな」と思われてしまいますからね。

セブ島へ語学留学をしにきた方でも質問をされる場合があります。

  • 留学中に一時帰国をした人
  • 以前旅行でフィリピンを訪れて、その後に留学をしに来た人
  • 頻繁にフィリピンに入出国している人

こんな人はよく聞かれます。

ちなみに僕の場合は「なんでこんなにビザを延長したの?」と質問されました。(もちろん語学留学していたと伝えたら大丈夫でした。)

対処法としては、生徒さんは「就学許可証」を学校側にもらっておけば大丈夫です。

旅行で行く方は落ち着いて受け答えすれば大丈夫です。(決して暴れたりしないように!国際問題に発展しかねません)

あと「どこに滞在するのか?」ということも聞かれるので、語学学校なら寮などの住所、ホテル滞在ならホテルの名前を伝えましょう。

何度も言いますが、初めて渡航する方は基本何も聞かれないと思うので安心してください

換金所でペソをゲトろう

国際線の換金所は出口手前にあります。

ちなみにマニラからの経由便で行く方は、国内線到着になりますので国内線の換金所に行きましょう。

こちらが国内線の換金所。

国内線の換金所

国内線の換金所

日本円をペソに換金するには、日本国内とフィリピンに入国してからの2パターンがありますが、確実にフィリピンに入国してから換金した方がレートがいいです。

換金は出来るだけフィリピンに入国してからにしましょう。

ちなみに空港内の換金所はレートが悪いので空港で換金するのは最低限にしておきましょう。

※1万円あたり4100ペソ(2019年1月28日付)

フィリピンSIM・ポケットWi-Fiを空港で入手しよう

SIMカード&プリペイドカード売り場

SIMカード&プリペイドカード売り場

セブ・マクタン空港の国際ターミナルを出ると、すぐ目の前に広い道があってその道にSIMカードが売っています。

ここで買えるので、買っちゃいましょう。
「Smart」と「Globe」のキャリア2社がありますが、どちらもあまり変わらないのでどちらでも大丈夫です。

設定方法がわからないと思いますが、大丈夫です。
何日間滞在するか聞かれるので、伝えればそれにあったプランを勝手に設定してくれます。

もし自分で設定したい場合はこちらの記事へ。

「現地でSIM調達するのが不安」という方はこちらの海外SIMを買っていくのもいいかもしれません。

ちなみに同じ場所でポケットWi-Fiも買えるので、必要な(SIMフリースマホじゃない、PC作業をする)方は買っておきましょう。

設定方法はSIMカードと同じく勝手にやってくれます。
やってくれなかった時は、お願いしてやってもらいましょう。

ポケットWi-Fiの設定を自分でする方はこちらの記事へ。

Wi-Fiは持っておきたいけど、設定がめんどくさいという方にはイモトのWi-Fiが無難でしょう。

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

色で値段が違う!セブ・マクタン空港でのタクシーの乗り方

国際線にいる黄色いタクシー

国際線にいる黄色いタクシー

セブ・マクタン空港には黄色いタクシーと白いタクシーの2種類があります。
国際線から出てすぐのところにこの黄色いタクシーがあるんですが、このタクシーはなかなか高いです。

黄色いタクシーは、「初乗り70ペソ」「メーター上がるのめっちゃ早い(1秒に1ペソくらい)」で、僕は以前1回だけ乗ったことがあるんですがITパークに着くまでいくらになるのかわからないくらいのペースでメーターが上がりました。

その時は結局交渉で400ペソで済みましたが、普通は300ペソくらいでいけます。
交渉しなければ確実に倍はいってたでしょう。

白いタクシーは、「初乗り40ペソ」「メーター上がるスピードは普通」です。
この白いタクシーは国内線を出て右にまっすぐ進むとタクシー乗り場があって、そこで乗れます。

国際線からは出口を出て右にまっすぐ行ったところにあります。

白い通常のタクシー乗り場(国内線)

白い通常のタクシー乗り場(国内線)

乗るときにタクシーのナンバープレートのナンバーが書かれた紙をもらってから乗りましょう。

初めてフィリピンに来た日本人は大抵ぼったくられるので、以下のことに気をつけましょう。

  • 必ずメーターを押させる
  • アディショナルと言われても払わない(大抵意味不明な理由のぼったくり)
  • 「タクシー!」と叫んでるフィリピン人に付いていかない(確実にぼったくられる)

ちなみに「Grab」というタクシー配車アプリを使えば、少し料金は上がるものの安全にぼったくりなしで目的地までたどり着くことができます。

なにかトラブルになったら警察に電話しましょう。

フィリピン国内の緊急連絡先

何かトラブルに巻き込まれてしまった時は落ち着いて以下の連絡先に電話しましょう。

警察、救急車、消防はセブでもマニラでも番号は同じです。

在セブ領事事務所 231-7321
在フィリピン日本国大使館(マニラ) 834-7508(日本語直通)
警察 166
救急車 161
消防 160
フィリピン航空 03-5157-4362(日本から) (63) 2-855-8888(マニラから)
ATM Plus操作方法 0081-3-3865-4191(日本から)

セブ島に限らず海外に行けばトラブルはつきものです。

搭乗口に遅刻した時に使える裏ワザ

みなさんは搭乗口の締め切り時間に遅刻してしまったことはありますか?
僕はあります。(日本ですが)

そんな時に使える裏ワザがあるんです、それがこちら。

ケガ人のフリをして行く

これは僕が通っていた語学学校の生徒の話なんですが、帰国するための飛行機に乗るために空港へ行ったんですが、遅れてしまって搭乗口に入れなかったんですね。

その時すでに出発の30分前。
普通だったら入れません。

でもなんとかフィリピン人のスタッフに頼み込んだところ、「OK」をもらえたらしいんです。

でも「その元気な姿で入るのは他のお客さんに申し訳ないから、ケガ人のフリをしてくれ」と言われたらしく、包帯グルグル巻きで車椅子に乗って搭乗したとのこと、、。笑

みなさんも、もし搭乗に遅れそうになったらケガ人のフリをしていきましょう。

もしセブ島で本当に病気・ケガなどをした場合はこちらの記事を読んでおけばスムーズに手続きが進みます。

セブ島では、お釣りがないと言われるケースが多々あります。
セブ島のお金に関する知識はこの記事で。

関連記事