空港/飛行機

【パターン別】飛行機内を快適にするためのオススメ12の厳選便利グッズ!

こんにちは、ハルカです。

帰省、旅行、留学など色々な場面で使うことがある「飛行機」。

目的地に着けば楽しいことが待っているのに飛行機内って座ってるだけでなんか退屈ですよね。

というわけで今日は「飛行機内で使えるオススメ便利グッズ」をパターン別で紹介していきます。

とその前に、飛行機内での服装について。

飛行機内での服装

ファーストクラスでない限り、飛行機内は狭くてほとんど身動きとれませんよね。
スキニーパンツなどの体を締め付ける服装だと、足は浮腫むし最悪の場合「エコノミー症候群」になってしまう可能性もあります。

そんなわけで、飛行機に乗るときはスウェットパンツにパーカーなどのゆるい部屋着のようなものがオススメです。

飛行機内は寒いので、あったかくしていきましょう。

それでは「飛行機内でゆっくり休みたい方にオススメな便利グッズ」をどうぞ。

飛行機疲れしないためのオススメ便利グッズ

ネックピロー

最近よく見るこのグッズ。
このネックピローは「飛行機内で眠りたい!」という時に大活躍してくれます。

窓際の人だと窓に頭を預けて寝ることもできますが、真ん中の席や通路側だと寄りかかるものがないですよね。

そんな時に、このネックピローがあればどの席でも首をラクーにして寝れちゃいます。

ちなみに僕はセットした髪が座席や窓に寄りかかって崩れるのが大っ嫌いなので、そんな僕みたいな人にもオススメです。

アイマスク(立体式)

アイマスク、これもめちゃくちゃ重要ですね。
飛行機内の電気が消えていても、隣の人がスマホを使ってたり読書をしていればその光でねれないこともありますよね。

流石に「寝れないんでやめてください」とか言えないし、、。って時にこのアイマスクを着けましょう。

ちなみにこのアイマスクは立体式で、目が押し付けられないです。
メイクが取れる心配も必要ないので、女性にもオススメな便利グッズです。

耳栓

飛行機内は基本エンジンの音やらで、なんだかんだうるさいですよね。
うるさくて寝れない!という方は是非耳栓を持っていきましょう。

イヤフォンで代用すると、コードが何かに引っかかって取れる可能性があるし、ワイヤレスだともし落として無くしたら嫌ですよね、、。

この耳栓はデザインも可愛いので、女性にもオススメです。

サンダル

サンダル?と思うかもしれませんが、国内なら1〜2時間、海外ならそれ以上同じ体勢で座ってなければならない飛行機内。

足がめっちゃ浮腫みます。
まず基本的に飛行機内では靴は脱いだ方がいいのですが、人によっては降りる時に靴を履こうとすると本当に自分の靴かどうか疑うほど浮腫みます。(僕がそうでした)

サンダルは浮腫みを軽減させる方法ではありますが、その他にも「エコノミー症候群※」に陥る可能性もあるので、飛行機に乗る際は以下の予防法をオススメします。

  • 時々足を伸ばす(血行が悪くなるので足は組まない)
  • ゆったりとした服を着る
  • 1時間に3分くらい足をグーパーしたり屈伸したりする
  • こまめな水分補給
  • 睡眠薬は服用しない
  • フライト前後は禁煙する

飛行機に乗る際は、是非こちらを意識してみてくださいね。

エコノミー症候群とは

軽い場合は片側の足のむくみや痛み、重症例では足にできた血の固まりが肺に詰まり、息が苦しくなり、胸の痛みを訴えて失神する場合もあります。

十分注意しましょう。

メディキュット

「なんでメディキュット?笑」と思う方もいるかもしれませんが、メディキュットです。

このメディキュットは「血行改善」と肌寒い機内でも大丈夫なような「温感タイプ」でもあるので、エコノミー症候群の予防策になります。

男性の方は恥ずかしいかもしれませんが、女性の方は浮腫み、エコノミー症候群対策として買っていくのもアリです。

フットレスト

このフットレストはあんまり見たことがない人が多いかもしれませんね。

フットレストも、先ほど説明した「エコノミー症候群」の予防策としての効果があります。
フットレストは色々な種類がありますが、これはセパレートタイプなので「両足がぶつかって痛い!」ということにもなりません。

浮腫みが気になる女性にはもちろん、男性にもオススメな便利グッズです。

腰用クッション

 

エコノミークラスだとどうしても席のサイズが合わなかったりしますよね。
僕も楽な体勢になろうとすると、腰と背もたれの間に隙間が空いてしまって腰が痛くなることがよくあります、、。

そんな時に備えて腰用のクッションを持っていきましょう。

これで長いフライトで腰が悲鳴をあげることもありません。

退屈なフライト時間で暇つぶしをしたい方向けグッズ

タブレット

暇つぶしならタブレットを持っていくのが一番です。
もちろんスマホでも十分ですが、「出来るだけ大画面で楽しみたい」という方はタブレットを持っていきましょう。

ちなみにほとんどの航空会社は飛行機内Wi-Fiはないので、空港ラウンジのWi-Fiなどで映画を1〜2本ダウンロードするのがオススメです。

僕のオススメはNetflixですが、他にも色々なオフライン動画サービスがあるのでお好みで選びましょう。

オススメ動画配信サービス会社 月額料金(税別)
Netflix 800円/1200円/1800円
U-NEXT 1990円
Hulu 933円
Amazonプライムビデオ 370円(年会員だと実質300円)
FODプレミアム 888円
Paravi 925円
dTV 500円

(NetflixのSEX EDUCATIONはオススメ。笑)

イヤフォン

もちろんイヤフォンはみなさん持っていると思うので、是非持っていきましょう。

最近はワイヤレスイヤフォンを使ってる人も多いですよね。(ちなみに僕も)

でもワイヤレスに付き物なのが「バッテリー切れ」。
こんな時の為に、1つ普通のイヤフォンを持っておくといいかも。

VRゴーグル

飛行機内で映画を観たいけど、スマホやタブレットじゃ不満、、。といった方にオススメなのがこのVRゴーグル。笑

こちらのVRゴーグルは「iPhone8Plus」「iPhone Xs」「iPhone Xs Max」に対応していて、迫力もケタ違い。

是非、「映画館のような迫力を飛行機内でも!」というワガママな方に。笑

乾燥する飛行機内にもってこいなオススメ便利グッズ

マスク

日本の通常の湿度が40〜60%に対し、飛行機内は10〜20%ととても乾燥しています。(機内の快適性を保つ為)

これだけ乾燥していると、喉がカラカラになって風邪菌などのウイルスに感染しやすくなったり、女性だと化粧ノリが悪くなったりしますよね。

そんなわけで、喉を守る為にも大きめのマスクを買っていくと良いでしょう。

保湿クリーム(ハンドクリーム等)

冬の乾燥で肌がひび割れしてしまう方はハンドクリームなど、保湿できるものを持って行った方が良いでしょう。

フライト時間にもよりますが、長ければ長いだけ乾燥します。
僕は手汗が尋常じゃないので必要ありませんが、乾燥肌の方は持って行った方が無難でしょう。

どんなフライトにしたいかで、持って行く便利グッズを決めましょう。
くれぐれも預けないように。笑

セブ島に留学or旅行に行く方はこちらの記事を見ながらパッキングをすれば、間違いなしです。

関連記事