セブ島留学

【完全比較】国別海外留学費用を総比べ&格安セブ島留学を更に安くする裏ワザ大公開

こんにちは、ハルカです。

今回は「格安」と言われているセブ島留学が他の国への留学と比べてどれだけ安い費用ですむのか?ということをみなさんにお伝えします。

そして格安のセブ島留学を更に安くする裏ワザも大公開しちゃいます!(こっちの方がメインかも)

ちなみにこんな

こんな人に向けて書いてます

・セブ島留学がどれくらい安いのかイマイチ知らない
・出来るだけ安く抑えたい人
・貧乏学生
・とりあえず安く海外留学したい人

あなたがこの中に当てはまったら、見るべし!

ということで、まずはセブ島留学が他の国に留学に行くよりもどれくらい安いのか?といことを書いていきます。

セブ島留学は他国と比べ約半額で行ける

基本的にセブ島留学は他国への留学よりもだいたい半額くらいで行けます。
まず他国への海外留学の費用から見ていきましょう。

他国の海外留学費用比較

こちらの表はあくまでおおよその金額です。(語学学校への費用のみ/1年間の場合)

国名 費用(1年間/学費のみ)
アメリカ 200〜600万円
オーストラリア 180〜390万円
カナダ 200〜450万円
イギリス 200〜550万円
ニュージーランド 190〜380万円

まぁ、ざっくりですがこんな感じでしょう。
これは「ビザ代、海外保険料、お小遣い」などは含んでいない学費のみの費用なので、生活費も含めるとおそらく節約しても300万円以上はかかりますね。

普通に週末出かけて遊んだりすると500万円はいくんじゃないでしょうか。

ちなみにアメリカの4大なら学費のみで1000万円くらいは見積もる必要があります。

他にもオーストラリアならワーキングホリデーをすれば働きながら勉強もできます。(語学学校に行けるのは最大4ヶ月)

さてお次はセブ島留学の費用を見ていきましょう。

セブ島留学の費用

セブ島には語学学校が100校以上あります。
全ての留学費用を比較することは困難極まりないので、今回は費用の内訳とその相場を書いていきます。

以下の金額はあくまでおおよその金額で、学費・寮費・生活費は1ヶ月での価格となります。

※費用はあくまでおおよその平均値です。

語学学校へ支払う費用 おおよその費用
入学金 1〜2万円
学費(4人部屋&4時間授業)/月 9〜20万円
教材費 1〜2000円
水道光熱費 0〜円(学校によって異なる)
SSP(就学許可書)費用 15000円
ピックアップ(空港出迎え) 0〜5000円(学校によって異なる)
合計(中間値) 184000円

続いて留学期間中に必要な費用です。

留学期間中の出費 おおよその費用
ビザ代(期間によって異なる) 5000〜16000円(最初30日間は無料)
航空券(往復) 3〜10万円(時期によって異なる)
海外保険料 3000〜10000円(保険会社によって異なる)
生活費 1〜3万円
合計 75000円

ざっとこんな感じで、おおよそですが1ヶ月のセブ島留学にかかる総額は「26万円」くらいです。
学校や時期によって価格も変動するので一概には言えませんね。

ざっくり計算ですが、中間値だと年間でかかる費用は「250万円」になります。

うん、やはり「留学費としては他国と比べてもかなり安いですね。
おおよそですが半額くらいでおさまってしまいます。

それでは次に、この格安セブ島留学を更に安くするための方法を書いていきます。

格安のセブ島留学を更に安くする方法

先に言っておきますが、別に違法行為とかではないのでご心配なく。笑
ちゃんと正規で安くする方法を書いていきますよ。

まずはこちら。

複数人部屋にする

セブ島の語学学校は、基本的に学校の寮で生活することになると思います。
留学費用を抑えたい人は必ず複数人部屋にしましょう。

もちろん1人部屋もあるんですが、一番安い複数人部屋(4〜6人部屋)と比べると1万円くらい違ってきます。

月だと1万円の違いですが、1年だと12万円違います。
1ヶ月留学を延長できますね。

共同生活が無理!って方も、費用を抑えたい方は我慢して複数人部屋にしましょう。

値引き交渉をする

「え、、!」って思った方もいますね。
でもこの通り、格安のセブ島留学も値引きすることで更に安く費用を抑えることができるんですね。

おそらく語学学校に問い合わせすると大体のケースで「ご予算はいくらですか?」と聞かれるので、「出来るだけ安くして欲しい」という旨を伝えましょう。

あと基本的に「あなたの学校に留学したい」という意思表示をしましょう。
真剣に話さなければ学校側も取り合ってくれない可能性もあります。

語学学校にもよりますが、大体値引きはしてくれると思います。

そしてこの値引きの満足度をあげやすい方法があるんですね。
それはあなたがセブ島留学する「時期」にあります。

安くセブ島留学したいなら閑散期に行け!

人を相手にする仕事だとどうしてもあるのが、「繁忙期」「閑散期」ですよね。
ナイトクラブにしたって、ギラギラした男が集まるのは週末と決まっています。

満足のいく値引きをしたい方は、この閑散期・繁忙期を利用するのです!

「閑散期は1人でも多くの生徒を語学学校が欲しがっているから」普段よりも値引きに対して大らかになるので値引きが上手くいきやすい!

ちなみに繁忙期と閑散期はこちら。(おおよその目安です)

繁忙期&閑散期(おおよその目安)

繁忙期&閑散期(おおよその目安)

これはかなり大きい要因で、みてもらうとわかる通り繁忙期は長い休暇を取りやすい時期(ゴールデンウィーク、春・夏・冬休み、年末年始)なんですね。

なので留学する人も増えるというわけです。
特に夏休み、冬休みは学生の留学生が本当に多いです。

ウェーイ系の学生さんも多いので、いろんな意味でそこら辺の時期は避けたいですね。

ここまでで「値引きはちょっとワガママで気が引ける、、。」という方、安くしたいのならプライドは捨てちゃいましょう。

値引き以外にも、意外とワガママを聞いてくれるケースはよくあります。
といっても人と人!

常識の範囲内でのワガママにしましょうね。

あと「留学エージェント」ってよくいるんですけど、もちろん彼らは「本来の留学費」に手数料を入れて、その「差額」で儲けてます。

その分自分に合った学校を紹介してくれますが、安くしたいならエージェントには頼らない方が良いでしょう。

それでは最後にまとめちゃいます。

安くする方法まとめ

・値引きしてもらってもっと安く留学できる
・複数人部屋にする
・エージェントには頼まない

・「閑散期」を狙って行く

まあこんな感じで、格安セブ島留学をもっと安くすることもできちゃうんですね。
ちなみに「半年くらい留学したいけど、100万円作るのも厳しいわ、、。」といった方。

実は「0円留学」なるものが、セブ島留学にはあるんですね。
まあインターン留学と言って、インターンシップの仕事をしながら英語の授業を受けられるというものです。

ちなみに僕もこの「0円留学」でインターンの仕事をしながら英語を勉強していました。
もし興味があれば資料請求してみましょう。

0円留学の資料請求はこちら
フィリピン政府公式認定 語学学校NILS

0円インターン留学について詳しく知りたい方はこちらの記事へどうぞ。

関連記事