セブ島留学

セブ島への短期留学は無駄?元セブ島留学生が適切な留学期間を考えてみた

こんにちは、ハルカです。

セブ島留学に行く時にほとんどの人が直面するのが「どれくらいの期間留学するか?」という問題。

そんな人のために今回は「セブ島留学の適度な期間」についてのお話です。

この問題の根本には次のような理由が挙げられます。

  • セブ島自体ネイティブイングリッシュじゃない
  • 英語を話せるようになるまでの期間がわからない

こんな理由も含めてまずはこちら。

ベストな期間は3ヶ月

セブ島留学を経験した僕の個人的な感想としては、ベストなセブ島留学の期間は「3ヶ月」です。

僕は約半年間セブ島でインターン留学をしていましたが、正直半年間も留学しなくていいかなというのが正直な感想です。

大体留学自体は短すぎても長すぎてもダメです。

  • 1週間だと英語が聞き取れ始めた頃に終わる
  • 1ヶ月だと多少理解できるけど英語がスッと出てこない
  • 2ヶ月だと色々ブチ当たる壁が出てくる
  • 3ヶ月目でやっと軽い会話がスッとできるようになってくる

簡単にまとめるとこんな感じです。
と言ってもこんなテキトーにまとめられてもわからないといですよね。

ということで、各期間ごとにどれくらい英語が上達するのかを詳しく見ていきましょう。

1週目「英語を話すことに慣れ始める」

最初の週は相手が話しかけてきても何を言ったらいいのかわからず、モジモジしてしまう人も多いです。(僕もその内の1人)

でもみんなこの2つの理由から「なんでもいいから伝えよう!」となります。

  • 優しくてテンション高めのフィリピン人教師
  • 初心者でも聞き取れるようなゆっくり英語

特に優しくてテンションが高いというのはシャイな日本人にとっては重要ポイントですね。
なんて言ったらいいかわからないから何も話さないなんて、日本人同士でもよくあることですよね。

ちなみにフィリピン人のテンションの高さは「異常」です。笑
朝の8時の授業からバカでかい声で「Good morning~!!」が普通です。

慣れるまでちょっとびっくりしますが、慣れた頃には英語が聞き取れるようになっていますよ。

2〜3週間目「留学生あるあるの喉まで言葉が出てるを実感する」

言葉が詰まる

言葉が詰まる

語学を勉強するためにセブ島留学をする人のあるあるが「喉まで言葉が出かかってる」です。

この2〜3週間目は「何を言ってるかわかるけど英語が口から出てこない」状態に陥ります。

この時期はまだまだ英語が話せない状態で、理解できてるけど文章で返答ができないため単語だけで言葉を返す状態になります。

「こういうこと言いたいのに言えない〜!!」状態が少し続きますが、ここを乗り越えることができてばまた1ステップ英語が上達できると思います。

1ヶ月「簡単な会話を遅いスピードでできるようになってくる」

やっとちょっと理解してくる

やっとちょっと理解してくる

あくまでも目安ですが、1ヶ月くらいセブ島留学をしていると頭の中で日本語に翻訳する時間が必要ですが、本当に簡単な会話ならできるようになります。(もちろんちゃんと勉強するのが前提)

  • 返答するのに時間がかかる(脳内翻訳しているため)
  • 話の詳細は理解できない
  • 早く話されると理解できない

1ヶ月目は大体の人がこんな状態だと思います。
これだと1ヶ月の留学じゃ意味がないと思う方もいるかもしれません。

ですが、「英語へ積極的になれる」ということに関して言えばだいぶ進歩します。
あとこれくらいの期間だと、わからない英語が多いので「もっと英語を話せるようになりたい!」という思いで、英語を勉強するモチベーションが上がります。

と言っても、正直1ヶ月ではまだまだ「英語を話せる」と言えるレベルにはなりません。

それでは次は2ヶ月目。

2ヶ月目「英語という壁にブチ当たる」

壁にブチ当たる

壁にブチ当たる

まあもともとブチ当たってるわけですが、2ヶ月目は更にぶち当たります。

簡単な会話が少しずつできるようになってくるこの時期は勉強しているうちに、「もっと詳しい内容を伝えたい!」という思いが強くなってきます。

それに何よりも「飽きて」きます。
なぜ飽きるかというと、英語の勉強に飽きるのではなくで「ボキャブラリーが少ないから話せる会話の内容が限られてくる」んですね。

すると当然毎日同じような話をします。
そりゃ飽きますね。

そしてそれと同時に「同じ話しかできない自分のボキャブラリーの無さに呆れ」てきます。
こうなるとまたやる気がアップします。

3ヶ月目「セブ島留学に飽きてくる」

あ〜、もうセブ飽きた〜

あ〜、もうセブ飽きた〜

そう、3ヶ月経つとめちゃくちゃ飽きてきます。
英語の勉強もそうなんですが、セブ島での生活自体に飽きてくるんですね。

この時期はちょっと英語がわかるようになって、軽い会話ならできるようになってきます。
そして「自分が英語を話せる」と思うようになります。

  • フィリピンスピードの英語はわかる
  • 軽い会話ならゆっくりだけどできる
  • まだちょっと脳内翻訳してる

この状態で満足しちゃう人って、意外にも結構いるんですね。
そのせいで、授業をサボり始めるのもこの時期からが多い気がします。(僕もこれくらいの時期)

これがと言っても「なんとなく」で、まだまだなんちゃって英語です。
あと英語がわかると言っても「フィリピン英語」なので、彼らは僕ら日本人に合わせてスピードを遅くしています。

この状態でネイティブスピーカーと話すと、全く話せません。
聞き取れるけど、スピード感に慣れていないし、ネイティブの言い回し(イディオム)が理解できなかったりします。

でも英語を話すベースができるのもこの期間。
個人的な感覚ですが、セブ島留学のベストな期間は3ヶ月でしょう。

ちなみにそれ以上いるとどうなるかはお次。

4〜5ヶ月目「また壁にブチ当たる」

また壁にぶつかったよ、、、

また壁にぶつかったよ、、、

ここからはまた新たな壁にブチ当たります。
まあ日常会話ばっかりしていてもつまらなくなるのは当たり前です。

ここら辺からどんどん「難しい話」をすることに挑戦し始めるんですね。
まあもちろん今まで使ったことのない単語を使い始めるので難しいです。

新しい単語の使い方もそうですが、イディオムにも興味を持ち始めたりします。
ですがこれは真面目な留学生のお話です。

大体の人はここら辺から本格的に授業をサボり始めます。
理由は「ちょっと英語が話せるようになったから」です。

セブ島はちょっと英語が話せれば大抵何処へだって行けます。
ここからまた頑張って勉強を継続できるかどうかが分かれ道ですね。

ちなみに僕はこの4〜5ヶ月目から他とはまた違う、新たな道を開き始めました。
それがこちら。

KTVとビキニバーに行き始める。

変な店に行き始める

変な店に行き始める

セブ島は田舎なので、遊ぶところも限られています。
僕は最初の2ヶ月、毎週飲み屋で飲んでからナイトクラブに行くということをしていました。

本当にルーティーンワークになっていました。
でもやっぱり遊びにも飽きはつきもので、3ヶ月目には「日本に帰りたい」と本気で思っていました。

ここで僕はいつも一緒に遊んでいたルームメイトと新たに「KTV&ビキニバー」の世界に足を踏み入れたのでありました。

日本では本当の富豪しかできないようなアソビが僕を待っていたんです。
詳しくは後日ブログに書きます。

話が脱線しましたが、最後に話をまとめちゃいます。

【まとめ】セブ島留学は3ヶ月が限度

3ヶ月が限度だな、、。

3ヶ月が限度だな、、。

まあ最初にも書きましたが、セブ島留学は3ヶ月が限度かなって思います。
各期間ごとにまとめると

1週間:英語に対して積極的になる

2〜3週間:ちょっと英語がわかるようになるがまだ言葉が出てこない

1ヶ月:ちょっとだけ話せるようになってくるが、ここで帰ると物足りなく感じる

2ヶ月:壁にブチ当たる、伸び始めで帰ることになる

3ヶ月:フィリピンスピードで話せるようになってくる

4〜5ヶ月目:惰性感ハンパない

3ヶ月を超えてある程度話せるようになってきたら、次のステップへ移らないと正直勉強に飽きてきてマンネリ化します。

そうならないようにも、セブ島留学を3ヶ月したあとはオーストラリアやカナダへワーキングホリデーに行くのも良いかもしれません。

あと、英語を全く勉強しないでセブ島留学に行くと確実に失敗します。
短期留学を成功させるための方法はこちらの記事まで。

お金がないけど、留学したい!という方にはインターン留学がおすすめ。
詳しくはこちらまで。

関連記事