セブ島

【俺選!】元留学生が感じたフィリピン・セブ島の魅力10選

こんにちは、ハルカです。

僕がフィリピン・セブ島に留学に行っていたこともあり、よく友人・知人とセブについて話をするんですよね。

その時に一番多い質問なのが「セブ島って何がいいの?」
この質問に対して、僕は色んな話をするんですが沢山あり過ぎて伝えきれない!

ということで、今回は元セブ島留学生の僕が感じたフィリピン・セブ島の魅力10選を書いていきます。

この記事を見ているあなたを、間違いなく「セブ島に行きたい!」と思わせてやります。
それではまずこちら!

留学費が安い

授業中の僕

授業中の僕

いきなり留学の話で申し訳ないんですが、させて下さい。笑
やっぱりセブ島留学の特徴は何と言っても他の国に比べて学費が安くすむということですね。

しかも他の国だと基本グループレッスンなのに対して、セブ島留学は基本「マンツーマン」なのに安いというダブルパンチ。

セブ島留学についての詳細はこちらの記事へ。

ビーチのロケーションが最高過ぎる

ナルスアン島

ナルスアン島

セブ島と言えばやっぱり「リゾート地」目当てでくる観光客の方がほとんど。
空港のあるマクタン島の5つ星ホテルにはプライベートビーチがあったりと、果てしなく贅沢な気分ができるのも魅力的ですよね。

留学生はよく港までバスやタクシーで行って、そこから出る船でセブ島の周りの島々に行くアイランドホッピングをやっていました。

こんな感じで船に乗って大海原へ。笑

こんな感じで船に乗って大海原へ。笑

正直、初めてセブ島の島に行った時は感動して顎が外れるほど口が空いてしまいました。
ちなみに僕のオススメは「マラパスクア島」。

見てください、この圧倒的なロケーション。

圧倒的ロケーション

圧倒的ロケーション

ここは砂浜沿いにお洒落なバーが立ち並び、夜になると雰囲気がめちゃくちゃエロいです。
ぜひ実際に行って体験して欲しいので、あえて写真は載せません。(夜だから綺麗に撮れなかっただけ)

パートナーと海外旅行を考えている方がいらっしゃったら是非セブ島のマラパスクア島に行ってみてください。
確実に素晴らしい夜になるでしょう。

心優しいフィリピン人達

見ず知らずの僕にご馳走してくれたフィリピン人たち

見ず知らずの僕にご馳走してくれたフィリピン人たち

これは僕が日本人だからか、余計に優しいな〜と感じましたね。
普段の生活で精神的に疲弊してる方なんかは特にこのフィリピン人の優しさを感じて欲しいです。

留学中は1人でご飯を食べていると知らない人に話しかけられて友達になったり、日本ではあまりあり得ないいわゆる「海外あるある」な体験ばかり。

街では歌いながら歩いてたり、急に踊りだしたりと本当に陽気な人々です。
基本的にほとんど怒らないし、冷たかったりもしないです。

女性はちょっとヒステリックだから、あまり怒らせないようにね笑
日本でストレスが溜まってウワー!っとなる前にセブ島に行くことをオススメします。

日本人だからめっちゃモテる

カンちゃん久しぶりの登場

カンちゃん久しぶりの登場

正直、日本人はアホみたいにモテます。
もうなにがなんでもモテます。

セブ島には語学学校が100校近くあって、留学生は主に日本人、韓国人、中国人。
この中で選んでもらうと大抵日本人が良いと言います。

実際に僕の周りの人たちもみんなめちゃくちゃフィリピン人にモテてました。
モテたい方、フィリピンへいってらっしゃい。

なぜそんなモテるのか?と疑問な方はこちらの記事へ。

物価が安い

フィリピンはまだ発展途上国。
基本的に日本よりも物価は安くて、感覚的には3分の1程度です。(物によって異なります)

もちろん生活費も安くなるわけなので、セミリタイアした方がセブ島に移住してゆっくりするという方も最近増えてきています。

みなさんも、もし人生セミリタイアした際にはセブ島に移住するのもアリかも?
物価についての詳細はこちらの記事へ。

フルーツがそこら中で買える

とんかつ定食ですらバナナが付いてくる

とんかつ定食ですらバナナが付いてくる

フィリピン・セブ島では街のいたるところにフルーツが売っています。
セブではフルーツが本当に安く買えるんですよね〜。

みなさんのイメージ通り、バナナとマンゴーがとてもポピュラーで、他にもセブでは新鮮なフルーツを使ったシェイクもそこら中で安く飲めます。

マンゴーシェイク、これでたった35ペソ(80円くらい)

マンゴーシェイク、これでたった35ペソ(80円くらい)

フィリピン・セブ島に行った際は、是非たくさんの新鮮で美味しいフルーツたちを堪能しましょう。

スパ・エステ店が盛りだくさん

寮の目の前にあったツリーシェイドスパ(ツリーシェイドスパ公式Facebookより引用)

寮の目の前にあったツリーシェイドスパ(ツリーシェイドスパ公式Facebookより引用)

セブ島はエステやマッサージができるお店が沢山あるんです。
しかもほとんどのお店が1時間1000円しないという超絶コスパの良いお店ばかり!

「そんな安いんならテキトーなんでしょ」って思うかもしれませんが、全然そんなことありません。
施術のクオリティは物凄く高くて、僕も行って体の疲れを取ってもらってたりしました。

みなさんも、旅の疲れを癒しにセブ島のスパ・エステに是非行ってみて下さい。

良い生活が安価でできる

まあこれは物価の差でできることですね。
場所にもよりますが家賃は安いし、生活費も日本とは比べ物にならないくらい安くすみます。

ちなみにITパーク内のコンドミニアムなら家賃6万円で、ジム・プール付きの部屋に住めます。
いわゆるタワマンに6万円ですよ、、。

アツい、、、!

ナイトライフも充実

DOLVOに見えるけどVOLVOだよ

DOLVOに見えるけどVOLVOだよ

この類の話は男友達に嫌という程聞かせてます。笑
正直僕のセブ島留学時代に生活の中で一番充実していた部分はナイトライフでしたね。

さならが、パラダイスとでも言いましょうか、、。

これも日本に比べて異常に安いことから、僕のような普通の大学生でも入り浸ることができたんですね。

ナイトクラブをはじめ、KTV(キャバクラ)やビキニバー、ストリップなど日本ではできないような体験ができます。

本当に日本人男性にはオススメしかしないので、そこの日本人男性。
死ぬまでには絶対行った方が良いです、行かないと本当に後悔しますよ。笑

安くて近い

飛行機からの景色

飛行機からの景色

これは海外旅行ではポイントが高いと思います。
やっぱりアメリカやヨーロッパ圏も良いんですが、なんにせよ遠い!

高校の修学旅行でアメリカに行った時なんて行きか帰りか忘れましたけど偏西風の影響で片道13時間かかりましたよ。

でもセブ島ならソッコーです。
直行便なら約5時間のフライトで行けちゃうし、時差も1時間日本より遅れてるくらい(日本10時ならセブは9時)。

航空券もバカみたいに安くて、時期にもよりますが往復3万円くらいで行ける時もあります。
アメリカやヨーロッパだと航空券でもかなり高いですよね、、。

手軽に行けちゃうのも、セブ島の魅力の1つですね♪
今回はいい点ばかりを書きましたが、セブ島には日本人がびっくりするようなことも多々あります。

その一部をこの記事に書いているので、興味のある方は読んでみてね。

関連記事