セブライフ

観光ベストシーズンはいつ?乾季と雨季は?元留学生が教えるセブのお天気事情!

こんにちは、ハルカです。

最近「セブ島に観光で行きたい!」という方が増えてますよね。
僕の友人たちも今度行くそうです。

そんな時、一番心配なのが「お天気」ですよね。
せっかく休みに海外まできて「雨かよ〜、最悪〜、、。」となってせっかく楽しみにしていたセブの海が台無しになるのは避けたい!

ということで、まずはこちら。

乾季と雨季

フィリピンのとある離島

フィリピンのとある離島

フィリピン・セブ島は東南アジアの常夏の国。
基本ずーっと暖かいんです。

平均気温はだいたい26度くらい。
一年中半袖短パンで過ごせるので、冬服は必要ないですよ。

さてそんな中、気になるのは乾季と雨季。

乾季はだいたい12月から5月まで。
雨季は6月から11月までという認識で大丈夫です。

やっぱりセブ島に行ったことのない方は「雨季は常に雨が降ってる」というイメージですよね?
日本の梅雨もそんな感じでずーっと降ってますね。
でもこれは大きな間違い!

セブの雨季って実はずーっと雨が降ってる訳ではなく、1〜2時間の間にザザー!と降って終わりです。

いわゆるスコールですね。
なので1日中雨が降っているということは、まずあり得ないです。

ちなみに天気予報を見るのは本当に無駄ですね。
基本的にセブの雨はめちゃくちゃ急に降ってきます、割とマジで前触れなしです。

セブは基本建物が少ないんで、雨宿りする場所もほとんどないので、折り畳み傘は常備しておきましょう。

一応現地調達も可能なんですが、モールにもあまり売ってないので日本にいる間に準備しましょう。

もし買い忘れて、セブの雨にうたれることになったら走って屋内まで行きましょう。

という感じで、セブ島に観光に行く時に乾季や雨季はあまり気にしなくても大丈夫です。
ですがこの雨季、やっぱり厄介な場面があるんですね。

それがこちら。

雨で交通網が壊滅的になる

セブの雨は一日中降る訳ではないんですが、その代わり急に大量に降ってくるゲリラ豪雨。
このおかげでガタガタのセブ島の道路は冠水しまくります。笑

基本セブの人の移動手段はタクシー、バイクタクシー、ジプニーの3択です。
でもやっぱり雨が降ると普段バイクタクシーを使ってる人もタクシーを使ったりするので、タクシーが全然つかまんない。

もしモールにいたら運がめちゃくちゃ悪いです。
モールのタクシー乗り場は基本いつも混んでいるんですが、雨が降るとその混みようは異常です。

17〜20時くらいの仕事終わりでみんなが買い物に行ったり遊びに行く時間帯にもし雨が降っていたら、外出しないことをオススメします。

一応Grabという手もありますが、雨が降るとどうなるかわかりませんので気をつけてくださいね。

Grabの詳細はこちら。

夜に雨が降ると割と寒い

セブは基本夜でも暑くて、冷房がないと寝れないくらいなんですが雨が降った後の夜は寒いです!

昼間に降っただけなら変わらないんですが、夕方17時以降に雨が降るといつもよりちょっと冷えますね。
なので夜はパーカーなど1枚羽織りものを持って行った方がいいかも。

ちなみにセブの雨は尋常じゃないくらい汚いんで、雨の日は体調を崩しやすいです。
セブ生活でマスクは必需品になりますので、準備しておきましょう。

これで雨対策はバッチリですね。

台風シーズンはオススメしません

セブの台風シーズンは10月、11月。
実際セブはほとんど台風は当たらないんですが、どうしても曇りの日は多くなりますね。

せっかく真っ白いビーチに来たのに、空が曇ってるとなんだかなーってなりますよね。
なのでもし行くのであれば、台風シーズンは外した方がいいでしょう。

それではお次はこれ。

屋内と屋外の温度差激しい

まあ常夏なんで、基本暑いと思ってもらって大丈夫です。
でもセブの屋内って結構肌寒い場所が多いんですよね、フィリピン人は加減を知らないので冷房ガンガンにします。笑

屋内に行く際は念の為羽織りものを1枚持って行った方がいいかも。
基本セブでは短パン+タンクトップ+ビーチサンダルで生活できるんですけど、男性がナイトクラブやカジノに行く時はNGの場合が多いです。(女性には結構ゆるい)

ナイトクラブは男性のタンクトップ&サンダルがNGをもらいやすいよ。
カジノは短パンとサンダルはOKなんだけど、タンクトップはなぜかNGだったよ。笑(ウォーターフロントのカジノ)

モールやレストランなどは基本涼しいですが、ナイトクラブは暑いと思っておいていいでしょう。

セブ島に観光に行く際は、羽織りものを1枚持っていくとすごく活躍してくれると思います。

ちなみにビーチでサンダルを履くのは大丈夫なんですが、市街地でサンダルを履くのはあまりオススメはしません。

治安は少なくとも日本よりは良くありません。
もし万が一のことがあった時に走れるようにスニーカーで移動しましょうね。

特にコロンストリートやマンゴーストリートなどの一般的に危険とされている地域に行く際は本当に気をつけて下さいね!
全てが自己責任ですので。

それでは、良いセブ島観光を。
バイバーイ。

関連記事