ナイトライフ

夜遊び人必見!フィリピン・セブ島留学で遊びまくった俺が選ぶナイトクラブ5選

こんにちは、ハルカです。

今回はセブ島にあるナイトクラブをね、5つ紹介しようと思います。
セブ島に遊びに行く機会がある人は、ぜひこれを見てナイトクラブ巡りをしてみてね!

ということなんですが、まずみなさんがクラブ遊びを楽しめるように日本とセブ島のクラブで違うポイントを少しお教えします。

日本とセブ島の違い

・エントランス料が100〜300ペソ(たまに無料)
・その日の内なら何回でも再入場ができる
・VIPは料金分のドリンク&フードが頼める
・長くVIPにいると追加料金をぼられる可能性アリ
・日本人モテモテ

こんな感じで、セブ島のナイトクラブは日本とは料金帯やルールが全然違います。
なぜ日本人がモテモテなのかきになる方はこちらの記事をどうぞ。

ということで早速紹介していきます、最初はこちら!

OQTAGON(オクタゴン)

OQTAGON外観

OQTAGON外観

まずはここ、オクタゴンですね。
セブ島では一番フロアが広くて留学生、観光客が一番多いんじゃないでしょうか。

留学生の中でも、特に韓国人留学生&観光客の多さは異常。
フィリピンのナイトクラブで一番フィリピン人が少ないナイトクラブでしょう。

週末はこれくらい混む!

週末はこれくらい混む!

そんな数少ないフィリピン人の中にも「売春婦」はいますのでお気をつけて。

ドレスコードはセブ島ではしっかりしている方?で男性のサンダル&タンクトップは入れないです。(女性はOK)

オクタゴンについて詳しく知りたい方はこちら。

場所はITパークからタクシーで10分くらいのところにあるよ。
市街地から離れていて、場所が分かりずらいけどタクシーの運転手に「オクタゴン」と言えばわかるよ。

ほとんどの運転手は一発でわかるよ!

OQTAGONへの行き帰りはタクシー運転手の態度がめっちゃ悪いよ!
ぼったくられないように気をつけてね!

ちなみにそういうトラブルがめんどくさい場合はGrabを使おうね。

ICON(アイコン)

ICONの外観

ICONの外観

こちらのアイコンも僕のブログで以前紹介したナイトクラブですね。
アイコンだと、またフィリピン人の比率が上がってきて、その分売春婦の割合も少し高めかな?

ここのナイトクラブはITパークから近いんですよ。
ちょっと時間はかかりますが歩いても行ける距離。

なので留学生もまあまあいますね、主に3DやNILSの留学生が多い感じ。
韓国人もまあまあいます。

クラブ内はフィリピン人が多めな印象

クラブ内はフィリピン人が多めな印象

あと、アイコンは演出がオクタゴンとは全然違って上から風船が降ってきたり紙吹雪で前が見えなくなったり色々楽しいです。笑

ドレスコードはそれほどキツくないですが、やっぱり男性はタンクトップやサンダルだと入れません。

アイコンについての詳しい記事はこちら。

場所はITパークの近くで、ITパークとOQTAGONの間くらいにあります。
歩いて行ってもいいですがタクシーで70ペソいかないくらいなのでタクシーでもいいでしょう。

LIV(リヴ)

LIVの内装

LIVの内装

このナイトクラブはこのブログでは初めて紹介するね!
僕はセブ島に留学中、2回だけ行ったことがあるんだけど2回とも人があんまりいなかった印象、、。

でもネットで調べてみると割と「欧米人が多い!」とか「お金持ちのフィリピン人が多い」って書いてあるから、本当に日によるのかなぁと思います。(僕が行ったのは週末だけどね)

ここもドレスコードはしっかりしっかりしておこうね。
ちなみにエントランス料は300ペソと他サイトで書いてたんだけど、僕が行った時はたまに無料の日があったよ。

なんにせよセブは基本テキトーだからそこらへんは気にしないで行こう。笑

場所はITパークから少し離れたところにあるから、ITパークから歩いて行くには遠いよ。タクシーの運転手に「リヴ」と言えば行ってくれるよ。

HYPE3.0(ハイプ)

HYPE公式Facebookより引用

HYPE公式Facebookより引用

ここはフロアが結構狭めで、もうフィリピン人しかいないってくらいフィリピン人だらけ。
上の3つのナイトクラブとは全く違う「圧倒的アングラ感」が楽しめます。

最近はちょくちょく韓国人もいたりしますが、日本人は見たことがありません。

hype内部

hype内部

ちなみにVIP席は格安の3000ペソ!
オクタゴンと比べると半額以下だからね、チープでローカルな感じを楽しみたい方はぜひ。笑

VIP3000ペソ分のお酒

VIP3000ペソ分のお酒

このハイプがある場所がマンゴーストリートにあるんだ。

マンゴーストリートってなかなか危ない場所で、セブンイレブン前は売春婦の溜まり場だし、ドラッグの売人も普通にいるし、ストリートチルドレンは他の地域より積極的に物を奪いにくるよ。

マンゴー行くなら自己責任

僕の知り合いの友達は、1人でiPadをいじりながら夜のマンゴーを歩いてたらストリートチルドレンに襲われてパン一で帰ったらしい。
1人は危険だからやめようね!

これが理由であんまり留学生とか観光客は行かない印象かな。
僕は結構マンゴーには行ってたけど日本人を見たのは1〜2回くらいかな?

まあそんなところにあるナイトクラブということで、ハイプに行く道も帰る道も売春婦だらけ。
99%は性病感染者だと思っていいので、手は出さないように。

ハイプの場所はこちら。

タクシーの運転手には「マンゴーストリートのセブンイレブン」と伝えれば大丈夫。
セブンイレブンの右の道をまっすぐ行くとあるよ。

Holic(ホリック)

Holic公式Facebookから引用

Holic公式Facebookから引用

ここもマンゴーストリートのナイトクラブだよ。
ここは唯一あんまり行ったことのないクラブなんだけど、ここはハイプのすぐ隣にあるクラブなんだよね。

だから僕はよくハイプにいる時にたまにハシゴして行ってたよ。笑
エントランス料も安くて基本100ペソなんだけど、たまにそのまま無料で入れてくれる日もあるよ。

もちろん客層は9割以上がフィリピン人、フロアは結構広くてハイプの2倍くらいはあるよ。

場所はハイプの本当に隣。

行き方はハイプへの行き方を参考にしてね!

さて、クラブ紹介が終わったところで男性(女性も)にはとても重要なことを話すよ。

ナイトクラブでの事故を防ぐために

日本のナイトクラブだとあまりないかもしれませんが、フィリピンだと本当に多いのがスリ。

僕の友人は初オクタゴンでぶつかった瞬間にiPhoneを盗られたりもしてます。
ちなみに友人はiPhoneをそのままポケットに入れていただけなので、これは少し不用心過ぎるかも。

ショルダーバッグは持っていて邪魔にならないですし、財布やスマホなどの貴重品も入れられるので便利です。

セブに限らず海外に行く際に持っておきたいアイテムNo.1ですね。

by カエレバ

 

あと、フィリピンのコンドームはめちゃくちゃ硬いです。
僕も友達とこれを話していて、最初は入らない原因がサイズの問題だと思ってたんだよね。

でもいざ使ってみると日本のコンドームみたいに「伸びない」のが原因だったんだよね。
正直着けるこっち(男)も無理やりやんないと着けられなくて痛いし、多分女の子も痛いと思うんだよね。

まあ日本のコンドームより品質が低いって話。
ってことで、そんな思いをしたくない!という方は是非天下の「サガミオリジナル」を買っていきましょう!

by カエレバ

 

みなさん、くれぐれも性病にはお気つけてセブ島ライフを満喫しましょう。