セブ島留学

【セブ島留学】社会人必見!短期留学で英会話を上達させる方法を留学経験者が考えてみた

こんにちは、ハルカです。

最近流行りの短期留学、セブ島ではほとんどの方が短期留学で英会話習得に励んでいます。
僕は半年間でしたが、それでも長い方でしたね。

さて、みなさん短期留学って聞くと何が思い浮かびますか?
よく心配されるのが「本当に短期留学だけで英語が話せるようになるの?」ということ。

そんな訳で今日は、短期留学で本当に英会話ができるようになるのか?ということについて書いていくんですが、結果は「ある程度までは英会話できるようになる」です。

最初に言っておきますが、僕みたいに何も勉強せずに行けば確実に時間の無駄になります。

短期留学で英会話を身につけるには色々と準備や心がけが必要。
今日はそこのあなたが短期留学に失敗しないように、短期留学でも英会話ができるようになる方法を書いていきます。

ビジネス英語までできる人がセブ島に留学するメリットはありません。
セブ島の英語はあくまでもセカンドランゲージ。

ネイティブレベルには近いですが、ネイティブではありません。
もしネイティブレベルになりたい方は、英語がネイティブランゲージの国(アメリカ、イギリス、オーストラリアなど)に行きましょう。

ということで、まずはこちら。

留学前の勉強はめちゃくちゃ大事

留学前の勉強は必須

留学前の勉強は必須

本当、これやっとけば大丈夫ってくらい留学前の勉強は大事です。
特に短期になればなるほど。

英会話って何をするかっていうと、この3つ。

  • 英語を聞き取る
  • それに対して英語で返す
  • 発音

この3つができて英会話は成り立ちます。
ですがまずこれができれば留学は成功するというものがあります。

それがこちら。

中学英語さえできれば成功はすぐ近く

正直これが全てだと思ってます。
だいたい感覚としては中学英語までが日常会話はできると思っていただいて大丈夫です。

なので短期留学をするなら本当に中学英語だけでも勉強はしておいてください。

これね、僕の失敗談でもあるんです。
僕は全く英語を勉強せずに言って、文字通り「何もわからない状態」で留学に行ったんですね。

正直聞き取りに関しては、1週間くらいでなんの単語を言ってるとかはわかるようになったんですね。

でも僕は「英語は聞き取れるけど意味がわからない」って状態でした。
するとこんな授業もこんな感じ。

  • 話を聞く(なんの単語を言ったのかはわかる)
  • でも単語の意味がわからない
  • 授業中に調べる
  • 単語調べて授業が終わってしまう

これがめっちゃ続きました。
もう本当に時間がもったいないです、僕に短期留学の方。

英語でも日本語でもそうですが、1つの単語の意味がわからないだけで「何言ってるの?」ってなります。
なので基礎英単語はとっても重要。

そうじゃないと、先生の言ってることがまるでわからない、ちんぷんかんぷんなのです。
ちなみにこちらの単語は絶対に覚えていってください。

・名 詞 noun
・動 詞 verb
・形容詞 adjective
・副 詞 adverb
・前置詞 preposition
・接続詞 conjunction
・代名詞 pronoun
・感動詞 Interjection
・不定詞 Infinitive
・助動詞 Auxiliary ver
・関係詞節 relative clause

これを知ってるのと知らないでは天と地ほどの差です。
意味がわかれば簡単なんですが、nounとか知りませんでしたよね?

これは留学生のほとんどが「初めて聞いた」って言います。
実際に去年セブ島留学に行った「与沢翼さん」もツイートしてました。

何度も言いますが、聞き取れても知らなかったら全く「理解」ができません

中学英語は「最低限の英語」なので、短期留学に行く前には絶対勉強してからいきましょう。

英語脳は簡単にはできない

よく英語を勉強するとき、「英語を訳さず頭のなかでそのまま英語で考える」といういわゆる英語脳を作れば英語の上達はすぐだと言われています。

でもこれも先ほどと同じ、その単語や言い回しの意味を知らないとできないことなんですね。

例えば「英語脳」ができてる人はわからない単語が出てきたら「英語」でその単語を説明してもらって理解できますが、単語を知らないとその説明すらわからないんです。

だから単語はめちゃくちゃ大事、むしろ単語だけやっとけばいいくらいのレベルです。(もちろん他も勉強してくださいw)

そういう基本ができている人に向けてこんなお話をします。

英語脳をソッコーで作る勉強法「カランメソッド」

短期留学に行くならカランメソッドはめちゃくちゃオススメです。
なぜならこのカランメソッドは短期間で英語が上達させるための勉強法だからです。

これはイギリスで生まれた勉強法で、方法はシンプルに英語を英語で返すというものなんですが、ルールがあるんですね。

そのルールがこちら。

カランメソッドのルール!

答えは短縮系で(It is ⇨ It’s)
とりあえず早く答える
正しい文法で(It’s pen ⇨ It’s a pen)

この3つがカランメソッドのルールです。
そしてこのルールがもたらすメリットとして

「正しい文法を覚える」
「脳内で日本語に訳さなくなる」
「すぐ返答できるようになる」
「リスニング力UP」

この4つが挙げられます。
まあまとめると英会話をするための基礎ができるってことですね。

ちなみに実際に短期留学でカランメソッドを受講して「なんか違う、、。」と思うことが無いように、短期留学に限らず留学に行く前はこちらの無料オンライン英会話を試してみましょう。

オンライン英会話無料体験はこちら
留学品質!QQ Englishオンライン英会話

こちらのQQEnglish校はカランメソッドの正式認定校で、2コマ無料でオンライン英会話を受講することができます。特に短期留学に行く方は自分がどれくらい英会話できるのかもわかるので是非受けてみましょう。

ちなみに僕が行っていた語学学校NILSもカランメソッドの正式認定校で、本格的な指導を受けられるのでオススメです。

それでは次にいきます。

発音はあまり気にしない方がいい

このタイトルの意味ですが、よくセブ島留学が「発音がフィリピン訛りになる」と言われているんですね。

でも、正直英語は訛りだらけです。
アメリカは州ごとに訛りがあったりするし、アメリカ英語とイギリス英語は全然別物(単語やスペルが違うこともある)です。

あとはオーストラリアだったり、もう正直気にしてたらキリがありません。
逆に考えてみてください。

日本に住んでいても、方言は通じますよね?(津軽弁とか沖縄弁みたいな癖の強いのを除いて)

なので、英語のフィリピン訛りは気にしなくても大丈夫です。

それでは次は短期留学のみならず、海外留学生は全員意識すべき重要ポイントのお話です。

日本人の友達を作らない

これはめちゃくちゃ重要ですね、特に短期留学の方。
例えばあなたが日本人の友達を作ったら朝は「おはよう」、落ち込んでたら「どうしたの?」と言いますよね。

でも外国人だったら、朝は「Good morning」、落ち込んでれば「What happened to you?」と言いますよね。(英語間違ってたらこっそりTwitterで教えてね。笑)

普段の生活をどんどん英語で染めていけば、あなたの脳内も英語一色〜!なんつって。

まあ言葉なんで、使わないと覚えません。
じゃんじゃん使うためにはやっぱり現地民と友達になったりが手っ取り早いんで、是非フィリピン人と友達になりましょう。

ちなみに「どうやったらフィリピン人と友達になれるか」という人はこういう場所に行ってみるといいかも。

  • クラブ
  • KTV
  • そこら辺のBar
  • 先生たちと出かける

フィリピン人は基本いい人たちばかりで日本人が大好きなので、すぐ友達になれると思います。
でもたまーに悪い奴もいるから気をつけてね。

それでは次は、これを見たのが「短期留学中」のあなたに向けて。

授業がわからない短期留学中のあなたへ

おそらく、この記事で書いた通り留学前に少しも勉強せずに「短期留学」に行ってしまった方は絶対にいます。

そんな方へ、授業が単語を調べるだけで終わらないような方法を教えます。
それがこちら。

予習、復習。これめっちゃ大事

「そんなこと?」って思うかもしれませんが、めっちゃ重要ですよ。
特に短期留学の方ならね。

僕の失敗談でもありますが、単語がわからなくて授業中単語を調べるから授業がほとんど進まないってめちゃくちゃストレスになります。

なので、そういう方は授業前に教科書の単語を出来るだけ訳してください。
こうすれば授業がスムーズになります。

そうすれば授業が復習みたいになるのでオススメです。

という事で、短期留学を成功させるには。

  • 中学英語は理解しておくこと
  • 日本人の友達作らない事
  • カランメソッドは早く上達できるからオススメ
  • 予習・復習はしといて損なし

以上の4つですね。
それでは、ぜひ短期留学を成功させて英会話ができるようになってくださいね!

無料オンライン英会話はこちら
留学品質!QQ Englishオンライン英会話
関連記事