お金/ATM/物価/クレジットカード

クレジットカードはほぼ使えない!?超現金社会なフィリピン・セブ島のお金&物価事情

こんにちは、ハルカです。

海外留学で一番不安なポイントとなってくるのが、やっぱり「お金」。
ということで今回はフィリピン・セブ島の「物価」と「お金事情」について書いていきます!

それではどうぞ

現金社会過ぎるセブ島、クレジットカードはほぼ使えない

クレジットカード

クレジットカード

まずはこれを頭に入れといてください!
海外といえばクレジットカードを頻繁に使うというイメージがあるかもしれませんが、フィリピンは違います。

セブ島ももちろんフィリピンなので、ほとんどの場合使えません。
しかもタチが悪いのが「クレジットカード使えます」って書いてるのに使えない店があるんですよ、、。

そういう時の為にも、セブ島で外出する際は現金を常に持ち歩くようにしましょうね!

ちなみに僕がセブ島留学中に滞在していたのはITパーク付近で、よく食事でITパークで食べていましたがITパーク内のレストランはほとんど使えます。
あとは大きいモール「アヤラモール、SMモール」などでも使える店は比較的多いです。

ということで、半年間セブ島留学でセブ島に住んでいた僕の感覚でセブ島で使える主要クレジットカードブランドの使えるレベルをまとめてみました。

こちらはあくまでもご参考程度に。

ブランド名 使えるレベル
VISA ★★★★★
Master Card ★★★★☆
JCB ★★☆☆☆
AMEX(American Express) ★☆☆☆☆

大体こんな感じで、やはりVISAとMaster Cardはダントツで使える店が多いです。
日本ではトップ2に並んで使われているJCBもセブ島ではほぼ使えません。
アメックスは論外です。笑

と言っても昨今のセブ島ではどんどんクレジットカードが普及しているので、これから使える店がどんどん増えていくでしょう。

と言えども、セブ島。
いつも使える店も、なぜかその時だけ使えなかったりすることもあります。

なので現金は常に持っておくようにしましょう。

クレジットカードはこれにしておこう

ちなみにホテルなどを取る時は「Booking.com」がオススメなんですが、このカードを使えば使うたびにポイントが貯まるのでお得です。

年会費無料で、ブランドもフィリピンでも使い勝手のいいVISAなのでセブ島に行く方にはオススメです。

細かいお金は常に持っておこう!

現金を常に持っておくというのは、とても重要なことです。
でも大きいお金ばっかりじゃダメです、フィリピンはよく「お釣りがない」と言ってお金を突き返されることがあるんです。

じゃあどうするか。
細かいお金を持っておきましょう。
そうすればお金を突き返されることもないし、お釣りがないと言ってぼったくられることもありません!

「細かいお金を常備」

これを頭に入れておきましょう。

それでは次はセブ島の「物価」についてお話しします。

びっくりするくらい安い

フィリピンと言ったら、なんと言ってもこれですね。
物価はものにもよるんですが、日本の約3分の1です。

ちなみにこちらがセブ島でのおおよその価格表。

価格(全ておおよその価格です)
タクシー 初乗り80円
飛行機 3万円台(たまに2万9千円台もw)
ローカルフード(1食) 100円
タバコ 200円
ホテル(四つ星/1泊) 1万円台
ナイトクラブ(エントランス) 200円(曜日、イベント等によって異なる)
ビール(1本) 70円(店で飲むと140〜200円ほど)

ということで、セブ島に行ったことがない方にもわかりやすいように、セブ島の物価を説明していきます。

セブ島のご飯の価格帯については、以前記事に詳しく書いたので興味のある方はご参照ください!(味についても書いてるよ)

それではまず航空券から。

航空券がクソ安い

東京ーセブ島の航空券

東京ーセブ島の航空券

僕が思わず「安い!」と思ってしまったのは「航空券」
まず日本からセブ島に行く飛行機の値段!
安さがわかりやすいように、他の都市との比較を表にしてみました。

こちらは2019年4月1日〜10月1日で調べた結果です。

都市名 価格(円)
セブ島 36,564円
ニューヨーク 73,801円
シドニー 66,951円

ご覧の通り、セブ島が圧倒的に安いです。
他のシドニー、ニューヨークと比べるとほぼ半額程度で航空券を買えます。

4ヶ月くらい前に買っておくとだいたい3万円台で買えるので、もしセブ島に留学or旅行に行く際は早めに決めておきましょう。

ちなみに僕は1月の下旬から2月の下旬まで、約1ヶ月セブ島に行くのですが航空券を12月15日に買って35,729円でした。(行きの乗り換え1回)
表よりも安いです。笑

こんな感じで、航空券は時期や空き状況によって値段が多少上下します。
ですが早めに決めておけば3万円台なのは事実なので、予定は早めに決めましょう!

タクシーもクソ安い

日本でタクシーに乗ると「贅沢しちゃったな」って思ったりしますよね?
だって高いし、遠いと1万円くらいかかることもありますよね。

でもセブ島のタクシー初乗りはなんと80円
どうなってんだ。と思いますが、めっちゃ安いです。
ちなみに1時間弱乗ると、高めに見積もっても大体600〜700円くらいが目安です。

セブ島に着いたらまずタクシーに乗ると思うんですが、国際線の目の前にある「黄色いタクシー」は普通のタクシーの倍くらい高いです。
それにメーターが上がるスピードも異常。笑

日本から直行便でセブ島に行く方は、国内線の方まで歩けば白いタクシーがあるので是非そこで乗ってください。

ちなみにセブ島には「バイクタクシー」といものがあって、文字通りバイクの後ろに2ケツで乗せてもらうんですが、危ないと思う方は乗らない方が懸命です。

タバコが安過ぎてつい吸っちゃう

タバコ

タバコ

喫煙者の方に朗報です。
セブ島はタバコがめちゃくちゃ安いです。

今の日本だと、大体1箱500円くらいですよね?
セブ島のタバコは銘柄にもよりますが、日本でもお馴染み「marlboro」は1箱約200円で買えます。

なんて安いんでしょう。
2箱買っても400円、日本の倍以上安いです。

ちなみに日本では売っていない銘柄のタバコもあって、そういうタバコは大体130円くらいで買えます。
あと珍しいのが、セブ島では1本ずつタバコを買えるんです!

と言っても、コンビニやモールなどでは買えません。
道端にタバコ売りのおばあちゃんがよくいるんですが、その人たちはタバコを1本から売ってます。

以前買ったことがあるんですが、1本4ペソ(8円)なので、箱を切らして流けどちょっと吸いたい時にちょうどいいかも?

ホテル台も激安

Water Frontの部屋の一画

Water Frontの部屋の一画

セブ島のホテルは本当に安い!
以前僕の友人がホテルをとってセブ島に遊びにきたんですが、2人で3泊4日してまさかの4万円台。(2人の合計料金)

しかもその泊ったホテルというのがセブ島の四つ星ホテル「Water Front Hotel」の一番いい部屋!
その時は6月だったのでそれくらいの料金で泊まれたそうです。

はっきり言ってめちゃくちゃ安い。
しかもフィリピンでは珍しいバスタブ付き(もちろん温水)、部屋は広いしもう最高です。

ちなみにシャンプーなどは自分のお好みのものを持って行ったほうがいいです。
ホテルのシャンプーを使うと髪がキッシキシになってタワシみたいになります。

セブなら遊びも安く済む

日本で遊ぶと、気づいたら1〜2万円吹っ飛んでた。なんてことありますよね?
大学生なんて特に気づいたら金が無くなってます。

でもね、セブ島で遊ぶならそんな心配は全く必要ない。
だってビールはたった140円、ナイトクラブのエントランスは200〜400円でおさまるんだから!

ちなみにビールをコンビニで買うと、たった70円で買えちゃうんです。
これはお酒好きの方には堪らないですね。

メタボにはくれぐれもお気をつけください。
もっとセブ島のクラブ事情が知りたい!という方は、こちらの記事も合わせてどうぞ。

チップ狙いでサービスしてくる

実はセブ島もチップを払う、という習慣があってよくタクシーなんかではチップを勝手に取られたりします。

これは僕の友達のエピソードなんですが、あるレストランに友人たちが2人で行ってご飯を食べていた時のこと。

その時はフィリピン人らしく(?)ダラ〜っとした接客態度だったのですが、その時たまたま財布のお札を数えていたらそれを見たフィリピン人従業員があからさまに態度を変えて色々といいサービスをしてくれたそうです。

これ、完璧にチップ狙いです。笑
ちなみにこういうのは色んなお店でよくあります。
お金を見せなくても「日本人」というだけでチップを狙ってきたりぼったくろうとしたりするので要注意!

彼らの頭の中では「日本人=お金持ち」でいっぱいですからね。

というところで、今回はここまで!
セブ島の物価の安さを痛感したみなさん、是非ともセブ島に足を運んでください。

あ、僕みたいに遊び過ぎて破産しないでね。
それでは〜。

関連記事