セブ島

【底なし沼】南国フィリピンという環境が彼らにセックスをさせていた。

こんにちは、ハルカです。

僕はセブ島留学中によく友達と「なんでフィリピンってこんな子供多いんだろう?」 ということについてよく話をして盛り上がっていました。

ってことで今回の記事は「フィリピン人の性欲」についてです。

最初に言っておきますが、当ブログは「エロサイト」ではありません。

ということで、どうぞ!

セックス以外やる事がない

そう、まずはこれですね。
僕が友達と行き着いた答えがこれなんですが、まんざら嘘でもなく確かにやる事がないんですね。

ということで、まずはフィリピン人の性格からみなさんに知っていただこうと思います。

フィリピン人は基本マイペース

フィリピンの人たちって本当にマイペースで、フィリピンタイムっていうのがあるくらいマイペースなんです。(沖縄タイムみたい)

待ち合わせしたら1時間遅刻なんてのはザラ。(人によります)
フィリピンって仕事もダラーっとしてる人がほとんどで、僕が住んでいた寮のガードマンはお昼寝常習犯。笑

あとは仕事中なのに家族や友達とビデオ通話をしてたりと、日本でやってると確実にクビレベルのことを普通にしています。笑
僕が日本に帰ってきてから何度かフィリピン人の友達と電話する時もいつも仕事中。

さあこんな感じでフィリピン人のマイペース加減は伝わりましたか?
それじゃあ本題。

仕事かセックスの二択

そうなんです。
正直仕事も電話できるくらいなので全く忙しくありません。

フィリピン人はみんなほぼ定時で上がりますし、残業なんて普通しません。
じゃあ仕事以外何をするの?という疑問が浮かぶんですが、、。

暇で暇でしょーがないんですね、これが。
僕はセブ島留学中にめちゃくちゃ遊んだんですが、フィリピン人はそこまで遊ぶお金を持ってません。
じゃあその暇で何もない時間何をするのかというと。

「セックス」しかないんですね。
それしかする事がないんです。
そのお陰で子供がめちゃくちゃ多い!

でもね、これに追い討ちをかける「セックスが盛んな理由」がフィリピンにはあったんです。

フィリピンの気候はエロ気候!?

そうなんです、フィリピンのあの気候には人間が「セックスしてぇ!」と思わせる理由があったんです。
それがこちら。

性欲には気温、湿度、風速が関係していた!?

なんと!
性欲にはその地域の「気温、湿度、風速」が関係しているらしく、「ある気象条件が整うと男性ホルモンに影響が及び、“子孫残してぇ!”という男性の本能が刺激され、性欲が高まる可能性があるという説の発表が。

子孫残してぇ!と思う気象条件

・気温28度以上
・湿度80%以上
・風速2m以下

だそうです。

しかもこの説、みなさんご存知「TENGA」が発表したというのだから信憑性がチョー高い!

これ、もうドンピシャフィリピンです。
常夏で四季がないフィリピンの昼間は28度は常に超えてくる感じだし、風も少ない、唯一そんなにジメジメはしてないイメージですがほぼ条件が揃っている。

そして普段の生活は暇でやることがマジでない。

そうなんです、フィリピンには「人にセックスさせる環境」が揃っていたんです!!

子供の多いフィリピンにいた僕は「だから子供が多いのか!」とはならず、やっぱり気候だけでこんなに子供が多いのはおかしいと腑に落ちなかったんですよね。

しかも親がいない「ストリートチルドレン」も多くて、僕は「育てられないなら避妊か中絶をしないと子供が可哀想だよな。」って思っていたんです。

でもね、フィリピン人は中絶を「したくてもできない理由」があったんです。
それはフィリピン国民の90%を占めているアレが原因だったんです。

【番外編】キリスト教の教え「子供は神からの授かりもの」

フィリピン人の実に90%はキリスト教を信仰しているんですが、キリスト教の教えで「子供は神から授かりし大切な命」と言われているらしく、そのためフィリピンでは中絶ができないんです。

宗教&法律で産むしかない!?

キリスト教では「避妊・中絶」は禁止されているらしく、法的にも中絶は認められていないんだそうです。

だからフィリピン人は子供ができたら産む以外選択肢がなく、育てられない子供たちが路上に産み捨てられ「ストリートチルドレン」になるようです。
しかもフィリピンは世界で唯一離婚が非合法な国でもあるんです。

あと衝撃的なのが、フィリピンは「レイプ被害」がかなり多いらしくて、それで妊娠した場合も宗教・法律上止むを得ず産む。という現実もあるんだとか。

これを知った時は本当にビックリしました。
多分僕が宗教に信仰する文化がほぼない日本にいるからだと思いますが。
でもストリートチルドレンって実際に社会問題だし、僕個人の意見としては中絶は合法化した方が親と子供にとっても良いと思いますね。

そういえばセブ島は野良犬と野良猫もめちゃくちゃ多かったんですよね。
これもなんでかなーと思って調べてみると、フィリピンでは犬の「公的な殺処分」は行なっていないそうです。
まああくまで「公的」にはということで、真相は闇に、、。

フィリピンに子供が多い理由がはっきりとわかったところで、またエロの話に戻ります。笑
ということで次はこちら。

日本人もフィリピンにくればエロくなる!

これね、よく海外留学行くと女の子はオープンになるって言うけど俺はそれプラス気候が関係してると思ってる。
さっきの性欲を掻き立てる基準は男性に対するものだったけど、俺は女の子にも当てはまると思う。

これは僕だけかもしれないけど、周りにいる女の子はビッチが多かった。
そしてヤリチンもめっちゃ多かった。

海外に行くと心がオープンになれるっていうのはめちゃくちゃいいことだと思うんだけど、お股までオープンにする必要はないよね。笑

心がオープンなのとお股がオープンなのは全然違うってみんなに言ってあげたい。
特にこういう女性のせいで、日本人女性に対して「イエローキャブ」って言う差別用語まで生まれてるからね。

イエローキャブとは?

元々はニューヨークのタクシーの総称(黄色いタクシーのこと)だっただけど、そこからとって「誰でもやらせてくれる(タクシーは誰でも乗せるから)黄色人種の女」と言う意味合いで日本人女性への差別用語として使われているよ。

こうなってくると社会問題にもなってくるし、何よりビッチじゃない日本人女性が一括りで差別されてしまうので、お股は彼氏以外にはクローズにしといたほうがいいかもね!笑

日本は忙しすぎてみんな性欲が失せている!?

さて日本はどうなのかと言うと、まず気候関係なしに「忙し過ぎ」でみんな性欲失せちゃってるんですよね。
フィリピン人みたく仕事をテキトーにやっててもダメですが、日本人は真面目すぎるとこがあるので、それが少子化に繋がってるのかも、、!

実際そうだと思うんですよね、次の日が朝から仕事だったりしたら「明日早いからな〜」ってなってやらないこと。
それに比べて田舎って基本やることなくて暇だから初体験が早いじゃないですか。

なので僕は、日本の企業は子作りの時間を作ってあげることで「少子高齢化」を防ぐことができるのではないか!?と思っております。

広告が貼れなくなると困るので、今回はここまで!
留学中よく友達と話していたことがこうして記事にしたことで、真相がわかって僕は実に嬉しいです。笑

それではまた。

関連記事