雑記

色々考えてみたけど、やっぱり素直なバカ=天才だと思う。

こんにちは、ハルカです。

さてみなさんバカって聞くと、何が思い浮かびますか?
「頭悪い」「脳みその回転遅い」「何言ってるかわかんない」などなど。

バカのイメージ

バカのイメージ

なんかバカに対して悪い印象を持ってる方もいると思うんですが、僕はバカ=天才だと思っています、もちろん全てのバカではないですが。
なぜそう思うのかって?それを今回は記事にまとめてみました。

それではどうぞ!

バカは行動に移すのが速い

まずはこれ。
どんな分野でもそうなんですが、行動するってとても大事なことですよね。
そして「バカ」はその行動するということに非常に長けているんです。

なぜ長けているのか、それは彼らの素直さにあります。

やりたい!の衝動のまま動く

いきなりですが、あなたにやりたい事ってありますか?
「金持ちになりたい」「起業したい」など色々やりたい事ってあると思います。

でも普通の人ってすぐ行動しないんですよ。
例えば金持ちになりたいっていうのが目標なら良い会社に就職して、役員になって昇級してみたいなことを考えると思います。

でもバカは違います。
「やりたい!」と思ったらやります。下ネタじゃありません。

お金持ちになりたい!

お金持ちになりたい!

例えば「この国行きたい!」と思ったらとりあえず行くんですよ。
何かやりたい事あったらまずやるんですよ、バカって。

バカだからすぐ行動できるんですよ。
なんでバカだからって限定できるかっていうと、バカだからなんです。
その理由はこれ。

後先考えない

そう、バカはそれをやったらどうなるかなんて考えずにやるんです。
でも逆に普通の人ってどうするかっていうと、まず考えるんです。

「今やったら失敗しそう」「まだ準備してないから」とか

準備が、、

準備が、、

でもそういう人に限って、失敗「しそう」なだけでまだ失敗してないんですよ。
準備しなきゃって人は、一生準備が終わらないんですよ。
じゃーバカはどうなのか?というと。

バカだから失敗とか準備とか考えずに、とりあえずやります。
失敗なんて怖がらないんです。バカだから。
でもまあ準備も何もせずにただやるだけだから失敗はもちろんするんですよね。笑

とりあえずやる人

とりあえずやる人

じゃーそのあとバカはどうするか?というと。

なんで失敗したかを自分で考える

そう、ここで失敗の原因を考えるんです。
もちろん失敗前提です、失敗しないなんてまずありえません。

ここで普通の人なら「失敗するの怖いから」と言ってやめてしまうかもしれません。

失敗を怖がる人

失敗を怖がる人

でも失敗が怖いなんて考えません、やっぱりバカだから。
でもやりたくて必死になるからどうすればいいのかを考えるんだ。

なぜ失敗したか考える

なぜ失敗したか考える

そして失敗しても、なぜ失敗したかを考えるんです。
そういう時にバカに限らず普通の人でもする「相談」、でもこの相談のあとでも普通の人とバカで差が生まれるんです。

プライドがないから素直に意見を聞ける

そうなんです。
まあ素直なバカに限りますが、バカってプライドがないんですよ。

だからこそ、他の人に相談したり意見を言われた時に「素直」に聞けるんですよ。
もちろんその意見やアドバイスが正しい前提、それは自分で見分けなければなりません。

アドバイスを素直に聞ける人

アドバイスを素直に聞ける人

これがすごい重要なんです。
よくいますよね、人に相談しといて「だよね〜、でもこのやり方が好きだから」とか何かしら言い訳して人のアドバイス聞かない人。

この人は、結局素直じゃないばかりにもしかしたら「成功に近づけるアドバイス」を自分のやり方で逃しているんです。
しかも成功もしていないのに凝り固まった方法を貫く。
それはマジでやめた方が良いです。

だってそのやり方で失敗してるんだから。
だったら素直なバカになって、人のアドバイスや意見を取り入れるのも1つの方法だと僕は思います。

さて、こんな事言ってますがそれがどうなるの?って思った方。
素直なバカはここからこうなるんです。

力がつくスピードが違う

そう、素直なバカは力がつくスピードが段違い!
確かにバカだから元々力がないってのはあるんですが、それでも段違いです。

さっき言った「人の意見を素直に取り込める」という部分。
これがバカの成長をスピードアップさせます。

そして人の意見だけじゃなく、自分でもどうしたらできるようになるかを考えます。
これがなぜいいのか?

答えは「自発的に行動する」からです。
自分から知りたい!できるようになりたい!と思って身につけたモノって、割とすんなりと自分のモノになるんです、だって身につけるまでに苦労してるからね。

逆に勝手に入ってくる情報とかって、皆さんすぐ忘れますよね?
ここで僕なりの例え話。

どうでもいい話ってすぐ忘れますよね?こんな風に。
なんでかってどうでもいいから。

どうでもいい話を聞き流す人

どうでもいい話を聞き流す人

でも自分が知りたい情報ってどうなると思います?
自分で頑張って手に入れたモノってこんな感じで忘れないんですよ。
むしろ後に活きるんですよ。

これの決定的な違いを言いましょう。

「自分にとって必要か不要か」

これだけです。
確かに友達がどうしたこうしたとかどーでもいいですよね、ぶっちゃけ。
でも相手が「好きな人」となったらどうでしょう?

あなたは好きな人にどうしても振り向いて欲しい、だから好きな人に好きな食べ物をご馳走してあげたい!となったら、その人の好きな食べ物を知らなくてもなんとかして聞くし、忘れるわけないですよね?

好きな食べ物を聞く青年

好きな食べ物を聞く青年

これが素直なバカにはできるんです。
こうやって、素直なバカはどんどんと力をつけていくんです。

ここまで「バカ」を褒めまくってきましたが、僕がこれだけはダメだ!と思っていることがあるんですよね。
それがこれ。

一番ダメなのは「準備」を言い訳にする事

これです、これなんです。
じゃーなぜ準備がダメなのか?何事にも準備は必要でしょ?と思う方。
準備自体はダメなことでなないのですが、準備する人の準備ってだいたいこうなるんです

準備に終わりがない

何かやりたい時「準備しないと」と言ってその分野について勉強し始めたりする人。
準備することについてダメとは言いませんが、その準備がいつ終わるのかというと、終わらないんですよ。

どこまで行っても準備は終わらない

どこまで行っても準備は終わらない

「準備」と一言に言っても準備の幅はめちゃくちゃ広いです。
でもそれに終わりってないんです。
だって準備に完璧ってないですよね?何かしらのイレギュラーはあるんです。

それならどうするか、やって覚える。これが一番早いんです。
皆さんも今までの経験で、「やってみてわかったこと」って多いでしょ?
それは何に対しても同じなんです。

インターン留学で出会った「準備人間」

以前仕事をしている中で「起業する」と言っていた人がいたんですよ。
でもその人がやっていたことって「準備」だけなんです。
準備ばっかりしているんです。

やれ「〇〇の勉強しなきゃ」とか「これもやんなきゃ」とか。
でもさっき僕が言った通り、その人の準備に終わりってないんだよね。笑

それは準備していくうちに、どんどん準備しなきゃいけないことが増えていくから。
僕はその人を見ていてね、「こうやって人は何もせずに死ぬんだな」って思ったんだ。
死ぬのは大げさだって人もいるかもしれないけど、この死ぬには「行動すれば解決していたであろう時間を殺す」の意味も含んでるんだ。

だからね、是非なにかやりたいことがある人は準備も大事なんだけどそれよりも勇気を振り絞った「第一歩」が重要だということをわかって欲しい。

僕も実際インターン中にブログやWebマーケティングの勉強はできたけど、一円も稼げてないからね。
でも今実際にブログをやっているし、微量だけど収益も出てる。
大事なのは行動する事。

じゃあ次は行動する上で何が大事か?っていう話。

物事はスピード感が一番大切

すぐ行動する人

すぐ行動する人

そう、スピードってめちゃくちゃ大事。
特に何か始める時、まあなんにしても大事なんだけどね。

なぜ重要か。
まずは1つ目の理由からいくよ。

慣れることができる

それは早く始めた分だけ自分がその物事に対して慣れるってのが1つ。
慣れって大事で、まあそれが経験になっていくわけ。

例えばホームページを作るにしても、初めてやる人はまずHTMLがなんなのかすらわからないよね。

でもフロントエンジニアの人なら、デザインカンプを見るだけですぐHTMLとCSSを書いちゃうよね。

慣れてる人

慣れてる人

こんな感じで慣れたら最初の方法とは少し角度を変えられる。
こうやって何に対しても「慣れる」ことって重要で、しかも「対策」も討てるようになる。

その状態で同じことをいっせーので始めても「慣れてる人」と「慣れてない人」じゃ全く進むスピードが違うのは想像できるよね?

それじゃあ2つ目の理由。

知名度が格段に違う

そう、知名度が生まれるんだ。
じゃあ今回はフリマアプリの「メルカリ」と「ラクマ」で比べてみよう。

メルカリ

・手数料&会費無料
・販売手数料10%
・振込手数料210円(10000円以上は無料)

ラクマ

・手数料&会費無料
・販売手数料無料
・振込手数料216円(10000円以上は無料)

どうです?
こうしてみると絶対にラクマの方が安いんです。
でも、なんでみんなメルカリばっかり使っているのか?

それは「早く始めたから」、これだけです。
メルカリは知ってるけどラクマは知らない、みたいな人多いと思います。

メルカリは設立日が2013年2月1日、ラクマは2014年11月25日。
この約1年10ヶ月が大きなユーザー数の差を作っているんだ。

これでわかったと思うけど、始めるスピードってめちゃくちゃ大切なんだ。
だからこそ、今「やりたい!」事がある人は今すぐにでもやった方がいいってこと!

さあ最後にこれだけはやめておいた方がいい、と思うことを書くね。
それがこちら。

悪いバカとは関わるな!

そうこれ、まず悪いバカって言うのはあなたのことを全く考えないような人のこと。
例えばこっちは仕事や勉強をしているのに「暇だからご飯行こうよ」とか、「1人でここいくの嫌だからついてきてよ」みたいなこと言う人いるよね。

なぜ僕が関わるなって言うと、、。

大切な時間と金の無駄

さっき話したスピードの話。
あなたは一刻も早く行動しなきゃいけないのに、それを途中で止めてまでくだらない話をする友達とご飯に行ったり、愚痴ばっか言い合う飲み会に行ったり。

これってマジで無駄だよ。
やめた方がいい。
冷静になって、その食事や飲み会が自分のためになるのか考えた方がいい。

飲み会で消耗してる人の図

飲み会で消耗してる人の図

じゃないとあなたが損するんだよ。
だってその間にもあなた以外の人は頑張ってるんだから。
僕は今ブログで収入を得ることに挑戦してるけど、この世界は正直めちゃくちゃ厳しい。
そして他の世界もそう。

成功しようと思ったら簡単な世界なんてないんだよ。
時には寝る間も惜しんでやらなきゃいけない時に、友達とくだらない話するためにご飯とか、愚痴り大会飲み会に行ってる暇なんてないよ。(ストレス発散は別&睡眠はしっかりとってね)

だから、行きたい気持ちをグッと堪えて今が頑張り時だと思って頑張るんだ。
じゃないとずっとそのままだからね。

って感じで、だいぶ長くなってしまいましたのでここら辺で終わろうと思います。
もしそこのあなたが何かの分野で「成功したい!」と思っているんならバカになって行動しましょう!

それでは!

関連記事