雑記

日本がキャッシュレス化!?スマホ・モバイル決済について普通の大学生が考えてみた

こんにちは、ハルカです。

最近の日本で流行っている「キャッシュレス化」について考えていきたいと思います。
話題の「Pay Pay」は人気のあまり10億円キャンペーンがかなり前倒しで終わったりと、とうとうこの日本でもキャッシュレス化の波がきたようです。

そんな日本のキャッシュレス化について普通の大学生ハルカが考えてみました。

ってことで、まずはこちらから。

激化するスマホ決済サービス界。って会社多過ぎてわけわからん!

はい、まずはこれ。
僕も先日記事で「Origami Pay」の記事を書いたんですけどね、先ほど紹介した「LINE Pay」や「Pay Pay」とかもうめちゃくちゃ多いんです。

Twitterを見てみると、来年から始まるサービスも含めると20社くらいはあるのかなと。

https://twitter.com/shisan_toushi/status/1074190760541532160

正直もうめちゃくちゃって感じですね。
色々サービスありますけど、使う方もどれが使いやすくてお得なの?って思っちゃいますよね。

でも僕は消費者よりも、事業者(お店側)が一番めんどくさい!って思ってます。
だって色んなサービスを使う人がいるわけですから、お店はそれに対応しなくちゃいけないですよね。

これせいで、今スマホ決済の一番の課題だと僕が思うのはこれ。

使える店がバラバラでめんどくさい!

まあこれが一番の問題になってるわけで、いざ「スマホ決済使おう!」ってなっても1つのサービスだけじゃ使えないお店の方が遥かに多いんですよ。(ハルカだけに)

例えば先日紹介した「Origami Pay」を使おうと思ってもファミマじゃ使えないんですよ。
でもローソンだと使えるんですよ。

そんで、最近10億円キャンペーンが終わっちゃった「Pay Pay」をローソンで使おう!って思ってもローソンじゃ使えないんですね。ファミマじゃ使えるけど。

オリガミペイとペイペイ

オリガミペイとペイペイ

これって使う人からするとめっちゃめんどくさいんですよね、人によっては使えるお店探したりもしますから。
これって「チラシ見ながらスーパー回る主婦」に似てません?

今のスマホ決済サービスって、それを使う人全員がしなきゃいけない状態なんですよね。
そりゃー「めんどくさいから使わない。」って人も出てきて当たり前。
まあいわゆるデメリットですね。

でもこれ、視点を真逆の「使ってもらう側」にするとこれがメリットになるんです。
なんでかっていうとこちら。

ユーザー数をある一定数は獲得できる

まあこれの理由は簡単。
僕の家って歩いて30秒くらいにローソンがあるので、「Origami Pay」を使える!ということでOrigami Payユーザーになりますよね?

逆に普段ファミマしか使わない(近所・会社の近くにファミマがある)人ならPay Payユーザーになるってわけですよね。

他にも使えるスマホ決済はありますが、結局アプリケーションは私生活の中で必要か不要かをユーザーが判断して使うものなので、こうなるのは当たり前ですね。
こんな感じで、使ってもらう側は一定数のユーザーは獲得できるわけです。

はい、ここまでで僕の言ってることは

  • 使う側は使える店が少なくて、色々なスマホ決済アプリに登録する羽目になる
  • お店側やスマホ決済サービス側は一定数のユーザーを獲得できる

そして、この日本という国を考えるとこんなリスクもあります。

災害時はマジで使えない

日本って自然災害がクソほど多いですよね。
これも日本でのキャッシュレス化を妨げる1つの原因ですね。

特に地震や台風はしょっちゅう起こる日本。
停電が起きたらキャッシュレス決済は使えないから買い物もろくにできない。

こうなるとやっぱり日本がキャッシュレス化の進むスピードは加速しないかなぁ、と思います。
まあそれの対応ってのは色々してるんだとは思いますけどね!

こんだけデメリットを話しましたが、もちろん使う側にもメリットはあります。

スマホ決済のメリットはたくさん!

スマホ決済のメリットはたくさんあります。
ということで早速書いていきます。

支払いが簡単、財布も開けなくていい

カンタンになった決済方法

カンタンになった決済方法

まずはこれですね。
スマホ決済アプリはお店側のコードをスキャンするか、自分のコードをスキャンしてもらうだけ。

財布を開けなくて良いってことは小銭出したり、紙幣をだすことがなくなりますね。
支払う時に、「あー小銭多いから使いたい」とかそういうのもなくなるんで、僕個人としてはありがたいって思いますね。

じゃあ支払い時に財布を開けなくていいってことはどういう意味かというとこちら。

現金を持ち歩かないから管理も楽になる

お金も盗まれない

お金も盗まれない

そうなんです。
もちろんどうしても現金を使わないといけない場面もあるでしょうが、それならその時に銀行から下ろせばいいだけ。

普段現金を持ち歩いていなければ、お金が盗まれる!とかお金失くした!ということになりません。セキュリティ面が高まるってことですね。

あとはそもそも現金を使わなくなるから、紙幣と小銭の管理が不要になります。
自分の残高だけを管理しておけばいいだけなので、とても楽になりますね。

あ、セキュリティ面が高くなるってことで言えばクレジットカードでも同じことが言えますよ!

クレジットカードのスキミング&不正利用がなくなる

スキミングができない!?

スキミングができない!?

まず、財布を出さないってことはクレジットカードも出しません。
ということはスキミングも防止できるってこと!

あとは財布からクレジットカードを出さないから紛失したり盗まれる可能性や不正利用の可能性も低くなる!

スマホ決済にすればセキュリティ面も向上するってことですね。

お金を見える化できる

現金主義の日本人、クレジットカードを使う人も少ないですがその人たちがクレジットカードやスマホ決済を使わない一番の理由は「いくら使ったかわからないから怖い」です。(勝手な予想)

正直クレジットカードもアプリでいくら使ったかわかるのになにバカなこと言ってんだとは思うんですが、確かに初めて使うものが怖いってのは人間の心理。仕方ありません。

でもスマホ決済なら使った金額はメールでお知らせしてくれるし、レシートもアプリ上に記録されますので、自分がいくら使ったのかは現金より明確に残ります。

僕からしたら、もう正直使わない理由を探す方が難しいですわ。笑

まとめ

こうやって考えると、スマホ決済はとてもメリットがあるし、そもそもスマホ決済の方が財布から現金を出すより簡単で使いやすいです。

でも!「使える店が少ない&種類多過ぎて使い分けるのめんどくさい」というのが現在のスマホ決済の問題点ですよね。

でもこの2つは時間が経てば解決できる問題なので、これからスマホ決済の普及が加速するであろう日本に住んでる限り、そこのあなたもいずれ使うことになるはず。(ちなみにPay Payは10億円キャンペーンで約190万ユーザー獲得)

日本のキャッシュレス化がどうなっていくのか、乞うご期待。って感じですね。

もしスマホ決済始めよう!と思った方はぜひこちらの記事も読んでみてください。

 

関連記事