セブ島留学

【もう準備した?】日本留学生が日本にいる間にやっとかなきゃいけない事!

こんにちは、ハルカです。

今回は主に「留学に行くのが決まっていて後は飛行機に乗るだけ」といった方。
準備は万端ですか?

もしあなたが「学校決めて、航空チケットをとっただけ。」なら絶対にこの記事は見ておいてください。
僕は学校を決めて航空チケットを取っただけで留学に行き、留学中「あれしとけば良かった〜。」と思ったことがあります。

今回はそれをみなさんに共有するので、留学を控えているそこの人たち、もしくは留学を考えている人。
ぜひ目を通しておいて下さいね!

ではまずこちら。

体調壊して地獄、、。でも海外保険入ってねぇ、、

はい、こちら。
僕は約半年間、セブ島に留学していたんですが何度か体調を壊したんですね。

留学前は「金もったいないし、俺体調崩さねーから大丈夫!」という自信があったわけですよ。いると思います、体力だけには自信アリ!って人。

脅しとかじゃなくって、マジで海外保険は入っといた方が良いです。
なんで?ってことでまずはこちら。

フィリピン・セブ島は不衛生

1つ聞きますけど、あなたは日本に住んでいる日本人ですよね?
まあほぼ100%の確率で何らかの体調不良に陥ります。(水などによる腹痛、蚊による虫刺されで起きる感染症)

言っときますが、日本って世界でもトップクラスに綺麗な国なんです。まあ景色とかもそうですが今回の綺麗は「衛生面」。特にセブ島は場所によりますが、酷いところは酷いです。まあ途上国なんでまだまだ整備されていないのはしょうがないですが。

セブ島の街並み

セブ島の街並み

まあもちろん街並みが汚いとかもあるんですけど、一番僕が汚いって感じたところは「大気」なんですよね。
セブ島に限らずフィリピンは車&バイクでの移動がほとんど。マニラには電車がありますが、それでも車やバイクでの移動が主でしょう。

そうなるとやっぱり排気ガスがやばい!
フィリピンなどの途上国は日本などの先進国から中古車が流れてきたりしてるので、日本の今の車より排気ガスは汚いです。

というかジプニー(フィリピン名物の車)に関してはマフラーから出る排気ガスが真っ黒。
それを普段生活している時に吸っているんだから綺麗な日本に住んでいる日本人は特に体調を崩す人が多いです。(僕もそのうちの1人)

そ・こ・で!

海外保険には入っておきましょう。
と言ってもまだ海外保険の重要さがわかってない輩がいるかと思います、ということで重要性を書いちゃいます。

手続きがめんどくさいし、入院できない可能性も

まず、みなさん国保には入ってますよね?なので日本人は日本での医療費は3割負担です。
実はこれはフィリピンでも同じで、もしあなたがフィリピンで病院に行っても医療費は3割負担ですみます。

でも3割負担で済ますのがめんどくさい!

まず医療を受けた時点で海外保険には入ってないので、現地で全額払います。その後に病院から諸々の書類(これが結構多い)を病院から受け取った後、全て記入をし病院に提出します。

書類がめんどくさい

書類がめんどくさい

そーしーてー、帰国後にご加入の国保の窓口(市区町村・国保組合)に海外療養費の払い戻しの申請をします。

その後に国保連合会で書類が審査されて、日本で同様の治療をした時にかかる保険診療の範囲内で支給額が決定し、世帯主の口座に振り込まれます。

あーなんてめんどくさい。
今の僕なら正直その時間が勿体無いんで、海外保険に入りますね。
しかも海外保険に入っていないと、その場でまず全額払わないといけないので現地で使えるお金も減るし、まず足りなかったらヤバイですよ。笑

お金が飛んでく

お金が飛んでく

僕はこれを体調を崩した時に知っていたので、お金が無くなるのが怖くて行きませんでした。笑
しかも入院レベルの場合、海外保険に入っていないと「入院拒否」される可能性も!

入院を拒否されることも

入院を拒否されることも

まあ悪いことは言いません(悪い事言ってる風)、海外保険に入っておいて損はないでしょう。
ちなみに海外保険入るメリットを並べるとこんな感じ。

海外保険入るメリット
  • その場で支払うお金が0円
  • 入院できる
  • 払うのは月々の保険料のみ
  • めんどくさい手続きをしなくていい
  • 入院を断られない

まあこんな感じで、「海外保険に入らない手は無い」というのが僕の率直な感想です。
ぜひ海外留学or旅行に行く方は参考にしてみて下さい。

あー、ちょっと待って。
まさか「俺のクレジットカード、海外保険付きだし大丈夫でしょ」とか思ってない?
まあ短期ならともかく、90日以上滞在するんなら海外保険入った方がいい。しかもクレジットの海外補償金額ってせいぜい200万円以下。ゴールドでも300万円以下がほとんど。

なので、中長期滞在する方は必ず、そうでない短期留学または旅行者でも海外保険に入っておくのはとてもオススメします。

ちなみに僕のオススメはこちら、留学生&ワーホリ用の保険もあるのでまずは保険がどんなものか問い合わせるだけでもいいかもしれません。


お次はこちら。

海外留学行ったら英語話せるようになるって思ってない?

    急ですがそこの人、「海外行ったらみんな英語だし、自然と覚えるよね~」なんて事考えてませんか?

    英語なんて勝手に話せるよになるっしょ

    英語なんて勝手に話せるよになるっしょ

    そのままだと、確実に英語を覚えるスピードが遅れます。

    なぜ僕がこんなこと言うのか?それを僕の失敗談と共にこれから書いていきます、どうそご覧ください!

    授業を理解できない!

    海外留学ということは、授業はすべて英語で行われます。
    実際に僕もフィリピンのセブ島で留学していましたが、すべて英語。

    たまに先生がふざけて知ってる日本語ワードを言ってくるくらいです。笑
    僕の場合、基礎英語すらわからないまま留学したので全く話せない、文字通り0の状態からのスタートでした。

    確か最初は「How are you?」のようなめちゃくちゃ簡単な英語もわかりませんでした。

    英語わかんない、、、

    英語わかんない、、、

     

    このレベルで留学に行くと、確実に時間を無駄にします。
    さて、なぜそうなるかというと。

    基礎英語を知らないと単語を調べて終わりに!

    そうなんです、僕の様にほとんど英単語も知らずに留学に行くとまずこうなります。
    実際に、授業の際に「noun」「verb」といった単語が出てきたときは「なにそれ、、?」とちんぷんかんぷん。

    何言ってるのーーー!

    何言ってるのーーー!

    ちなみに「noun」と「verb」の意味は名詞と動詞です。
    確かにこれがわからないと授業が進まないのはみなさん想像できますよね?

    僕はこの単語を調べるとこから授業がスタートしました。
    というか、単語を調べてたら授業が終わっちゃう。なんてことはザラにありました。

    元々これを知っておけばその単語を調べる時間を省くことができます。
    なので、もし留学に行くのであれば最低限の英単語は覚えてから行きましょう!

    日本人の友達を作るな!

    これは、留学中においての僕からのアドバイスです。

    これも僕の失敗談から書いています。
    僕は全く行く学校を調べなかったため留学先につくまでわからなかったんですが、、、 僕の学校、日本人がめちゃくちゃ多かったんです。

    もちろん、部屋もみんな日本人で半年間ずっと同じ部屋だったのでめちゃくちゃ仲良くなれたのでそれはそれで僕の良い財産になったんですが。

    英語を勉強するという目的で海外まで行ったのに、日本人と一緒に日本語ばかり話してたら意味ないですよね、、、 そう、これは多くの日本人留学生においてあるあるのケース。

    確かに海外だと不慣れなことが沢山あって不安なことも多いはず、しかも初海外ともなれば不安になるのは当然ですよね。

    勇気を出して国際交流ONLY

    勇気を出して国際交流ONLY

    でも!その不安を振り切って「日本人と話さない。」という判断を下しましょう。
    確かに留学にきている日本人はそれなりに個々で目的を持った方々なので、そちらを優先するのも1つの手だと思います。

    なので英語をとるか、人脈をとるか。というところで難しい判断なのですが、もしあなたが今の自分に最優先なのは「英語!」だと思っているなら勇気を持って日本人との関わりは絶つ事を僕は全力でオススメします!

     

    さて、どうでしたか?
    留学に行くと言っても色々準備は必要です、そこのあなたがもし何も準備していないのなら早めに済ませておきましょう。

    そうすれば心配の少ない、充実した留学生活が待っています!
    それでは!

    関連記事