スマホ/SIM/Wi-Fi/アプリ

【留学生必見】セブ島留学生のためのフィリピンSIM設定方法〜Smart編〜

こんにちは、ハルカです。

海外留学・旅行で「スマホ」ってどうすればいいの?と心配している方。
そんな方のために今回はフィリピンでもインターネットを使えるように「Smart」のSIMカード設定方法についてご紹介。

これでみなさんも、フィリピンで快適なネット生活を送りましょう!

なぜフィリピンSIMにするのか?

まず、日本にいた時のまんまじゃダメなの?と思った方の為に、わざわざフィリピンのSIMに切り替える理由を書きましたので、ご覧ください。

日本のキャリアじゃ携帯代やばい

皆さんのスマホのほとんどは「docomo」「au」「Softbank」ですよね。
最近は「Y!mobile」や「UQ mobile」のような格安SIMも流行っていますよね。

でも日本のキャリアって海外で使うなら最安でも1日約1000円くらい、単純計算でも1ヵ月3万円かかるんですよ。
めっちゃ高くないですか?笑

じゃあ中・長期のセブ島留学人たちはどうしてるかと言うと、フィリピンSIMに変えてるんです!

ということで今回は、フィリピンの大手キャリア「Smart」のSIMカードの設定方法をご紹介!

今回はフィリピンでのSIMカードの設定方法、SIMフリースマホについても解説。
これを見てフィリピンでネット環境を手に入れてくださいね!

ってことでまずは簡単にSIMカードとポケットWi-Fiを比較です。

SIMカードとポケットWi-Fiの比較

フィリピンSIM ポケットWi-Fi
料金  100~1000ペソ(期間による)  100~1000ペソ(期間による)
持ち運び  スマホのみ  スマホとポケットWi-Fi
電話番号  使える  使えない
複数使用  不可能  可能
充電  不要  必要

ざっとこんな感じです。
SIMにすれば、日本にいる時と同じようにスマホが使えます。
逆にポケットWi-Fiだと常にスマホとポケットWi-Fiを持ち歩かなければなりません。

ってことで

  • スマホ1台持ちの人はSIMカード
  • 2台持ち以上ならポケットWi-Fi

スマホ1台持ちの人はもちろんSIMカード一択ですが、複数台持ちの人はポケットWi-Fiの方が片方のスマホを無くした時でも大丈夫!というのが個人的な意見です。

ちなみにもう1つ言うと、現地SIMにしておくと現地の電話番号が使えます。
何か緊急の時に電話ができないと困るので僕はSIM一択ですね。

現地でSIMロックは解除できないので、留学前にスマホを「SIMフリー」にしておいてね! 

SIMカードとプリペイドカードを購入しよう

さて、スマホはSIMフリーにしましたか?
そしたら早速SIMカードとプリペイドカードを買いましょう!

※フィリピンのキャリアはプリペイドカードでの前払い式です。

ちなみにめんどくさい方は日本にいるうちに海外SIMを買っておきましょう。

SIMとプリペイドの主な購入場所

SmartのSIMカードとプリペイドカードを帰る場所をまとめるとこんな感じ。

  • コンビニ
  • ショッピングモール
  • 空港
  • ローカルな道端

基本的にコンビニ、モール、空港で買うのがベストだと思います。
空港でのSIM入手方法はこちらの記事へ。

セブ島の歩道沿いによく売ってそうな店があるんですが、僕は怪しくてかったことがありません。

パッケージ

パッケージ

ちなみにSmartのSIMカードは40ペソ(約100円)なので50ペソ札を出してもおつりが出てきちゃいますね♪

プリペイドの価格帯

Smartのプリペイドはこんな感じ。

プリペイドカード

プリペイドカード

Smartのプリペイドカード(500ペソ分×2)

緑のカードがあったらSmartのプリペイドカードだと思いましょう。
それではようやくSIMの設定&プリペイドのチャージ方法です。

SIMカード設定&プリペイドカードロード方法(チャージ方法)

まずはご自身のスマホのSIMと同じサイズにカットして挿入!

スマホにあったサイズにカット

スマホにあったサイズにカット

SIMカードの裏に電話番号が書いてあります。フィリピン国内で使う場合は最初に「0」をつけましょう。

カードの裏面

カードの裏面

SIMを入れ手から電源を入れるとAPN画面が出てきます。
こちらは「Smart LTE」「Smart Internet」どちらにチェックを入れてもOK!

次にAPN設定画面の追加ボタン(機種によって+ボタン)をタップ。

設定画面

設定画面

アクセスポイント編集画面になるので、名前をタップ。

設定画面

設定画面

「Smart」と入力し「OK」をタップ。

設定画面

設定画面

次はAPNに、「Smart Internet」又は「Smart LTE」と入力し、OKをタップ。

設定画面

設定画面

入力したらOKをタップ。

名前とAPNが変更されていればメニューをタップし保存。

設定画面

設定画面

名前とAPN欄を確認後、メニューをタップ

このような画面になればAPN設定は完了です。

設定画面

設定画面

この画面になれば完了です

APN設定が完了したら、次はロード方法です。

プリペイドロード方法(チャージ)

プリペイドカードの裏面にあるスクラッチを消し消し。
そしたら14桁のPIN番号がでてきます。

プリペイドカード

プリペイドカード

次はこの14桁のPIN番号の最初に「1510」とつけて通話を開始。

設定画面

設定画面

電話をかけると音声が流れます、その日の日付やサクセスフリーなどが聞こえればロードは完了です。

あとはプラン登録のみ。

今回は中・長期滞在の方向けに30日間、1日800MGまで使い放題のプラン「SURFMAX995」の登録方法を紹介!

メッセージの宛先を「9999」、本文に「SURFMAX995」(SURFMAXPLUS995でも大丈夫)と入力すれば完了、これであなたは30日間のネット環境を手に入れた、、!

設定画面

設定画面

もちろん自分の滞在期間によって契約期間は変えられます。

このようにプランによってSURFMAXのあとの○○○の部分を変えましょう。

プラン名 期間 料金 テキストワード
SurfMax50 1日間 50ペソ SURFMAX50
SurfMax85 2日間 85ペソ SURFMAX85
SurfMax200 5日間 200ペソ SURFMAX200
SurfMax250 7日間 250ペソ SURFMAX250
SurfMax500 15日間 500ペソ SURFMAX500
SurfMax995 30日間 995ペソ SURFMAX995

違うプランの例

  • 5日間   ~ SURFMAX200
  • 15日間   ~ SURFMAX500
  • 30日間 ~ SURFMAX995

※1ヵ月以上の中長期滞在の方は今回紹介した500ペソのロードを2回すれば、1ヵ月分のロードになります。

どうでしたか?
今回は「Smart」のSIMカード設定方法をご紹介させて頂きました。
是非、セブ島留学に行く方はSmartのSIMにして快適なネット環境を手に入れてください。

追記(〜2019/02/12)

SIMカードの設定した後、プランを変更(例:SURFMAXからGIGASURFへ変更)することはできません。

僕が以前SIMカードを設定してもらった時は、GIGASURFにしてもらったんですが2週間くらいでチャージが切れてしまったので新しくプリペイドをチャージしてプランをSURFMAXに変えようとしたところできませんでした。

他のプランも悪くはないですが、圧倒的にSURFMAXのプランが良いです。
もし店員さんに設定してもらう場合は「SURFMAX」と伝えましょう。