スマホ/SIM/Wi-Fi/アプリ

【ぼったくり回避!】セブ島でタクシー乗るなら”Grab”を使え

Grabイメージ画像

こんにちは、ハルカです。

僕が行ってたセブ島留学で、日常茶飯事だったトラブルが「ぼったくりタクシー」

日本人の僕らからすればたかが2〜30円なんて大したことないんですが、と言ってもぼったくられるのは損した感じがするし、気分良くないですよね。

ということで今回はセブ島で使える配車アプリ「Grab(グラブ)」の使い方をご紹介します!

これを見て、ぼったくりとおさらばしましょう。笑

いつでも呼べるようにアカウント作成

タクシーを呼ぼう!と思ってもGrabがないとぼったくられる可能性はかなり高いです。
ということで、これを日本で見ている方はぜひ日本でダウンロードしておきましょう!

Grabホームページ

Grabホームページ


Google Play で手に入れよう

日本だと配車アプリ自体、「白タク行為」になってしまうのでみなさんあまり使い慣れないと思いますが、このGrabは東南アジアではとてもポピュラーな配車アプリです。

ちなみに「配車アプリならUberじゃないの?」と思った方。

実はUberも事業展開をしていましたが、東南アジアではGrabが強すぎてフィリピンだけでなくUberは東南アジア事業を丸ごとGrabに譲渡して撤退したらしいんです、強いっすねGrab。笑

アカウントはGoogle/Facebook/SMSで作れるよ

GrabのアカウントはGoogleアカウント、またはFacebookアカウントでも作れるよ。
ちなみに電話番号でも作れるのでアカウント作成は簡単ですね。

クレジットカード情報を登録しておけば支払いもスムーズ!

Grabのサービスはクレジットカードでの支払いOK!
アプリ内で自分のクレジットカード情報を登録しておけば、降りるときにお釣りがない!※みたいな状況も無くなります。

※セブ島のタクシーでは大きいお金(1000ペソ、500ペソ札など)を出すとお釣りがないと言われるのは日常茶飯事です。

登録できるクレジットカード会社はこちら

  • MasterCard
  • VISA
  • AMEX

JCBは使えません、注意しましょう。

クレジットカードがない!という方、もちろん現金払いは可能なので心配無用。

そこまで設定ができたら次はタクシーの呼び方を説明しまーす。
アプリケーション内は全て英語になっているので、「英語が読めない」という方は是非見てください!

タクシーの呼び方(操作方法)

操作手順をスクリーンショットと共にお伝えします。
めちゃくちゃ簡単なんで、ご安心を。笑

Carをタップ

Grabアプリを開いたらまずはCarをタップしてください。

赤枠のcarを押す。

赤枠のcarを押す。

行き先を入力する

Pin locationは自分の現在地だよ。
その下の「I want to go to…」に目的地を入力してね。

I want to go...に行き先を入力する

I want to go…に行き先を入力する

Bookをタップ

するとこのように目的地までの値段が表示されるので良ければ「Book」をタップ。

赤枠が値段。よければBookをタップする

赤枠が値段。よければBookをタップする

すると次の画面でドライバーの顔写真、車の色、ナンバー、何分後に到着するか表示されます。

あとは来た車に乗って目的地まで行くだけ!
支払いは表示されている金額を、現金払いまたはアプリ内のカード決済で楽チン、ぼったくられることもありません。

最後に星をつけよう

降車後にアプリを開くとこんな画面が表示されます。
ドライバーの評価をつけましょう。

最後の画面

最後の画面

こうやって評価が付けられれば、タクシーの運転手も態度がよくなりぼったくりが減るという「ぼったくり防止」の意味もあるんだとか。

さあどうでしたか?
留学生や、現地に在住されている方を除き、英語が話せない方は普通にぼったくられます。
ちなみに僕は留学4ヶ月目でも普通にぼったくられたりしてました。

でもGrabを使えば運転手の態度は良いし、ぼったくられないし、目的地にちゃんと着くし良いこと尽くし!

みなさん、セブ島に行くときは是非使ってね〜!