ナイトライフ

【韓国人がいっぱい!】セブ島のナイトクラブOQTAGON

こんにちは、ハルカです。

さて、今回僕が紹介するのはセブ島で一番デカいであろうナイトクラブ「OQTAGON(オクタゴン)」

僕がセブ島に留学していた当初は、毎週行ってました。笑
まあそれは置いといて、今回はこのOQTAGONの客層、値段、音楽や雰囲気について書いていきます。

セブ島に行く方、是非参考にしてみてくださいね!

日本と真逆!?セブは奢ってくれる女の子が多い!

さてまずは客層について。
日本のクラブに行ったことがある人はわかると思うのですが、基本女の子に奢られるなんてことはまずないですよね?

僕もそんなことは記憶にないです。笑

ですがフィリピンでは違います、なんと僕ら日本人に奢ってくれる女の子が結構いるんです!

僕はセブ留学1週目にクラブに行ったんですが、フィリピン人の女の子にカクテルテーブルに連れて行かれヘネシーと他にも飲ませてもらって見事潰れました。(英語力0時代)

さて、「フィリピンのクラブにはバブリーな子が多いのか?」と思いますが、実は中身はこんな感じ。

ほとんどのフィリピン人は売春婦、あとは韓国人と少しの日本人

盛り上がっているオクタゴン内

盛り上がっているオクタゴン内

まずOQTAGONの客層はこんな感じ。

  • フィリピン人(40%)
  • 韓国人(30%)
  • 日本人(20%)
  • その他欧米人など(10%)

基本OQTAGONはこんな感じですね、他のクラブだともっと日本人、韓国人の割合が低くなっていきます。

あと、OQTAGONのフィリピン人は基本、売春婦ばっかりなんです。笑
どこのクラブにも売春婦はいるんですが、OQTAGONは異常なくらい多いです。笑

ちなみに僕の初OQTAGONでは、フロアの女の子全員が売春婦でした。奴らはすぐ「5000ペソ」言ってきます。

基本は目的は売春婦なのでシカトしましょ。

そしてフィリピン人についで多いのがセブ島留学にきている韓国人。他のクラブもあるのに結構OQTAGONに集中するんですよね。

これはなんでだろうとちょっと調べてみたら、実はこのOQTAGONは韓国のOCTAGONのパクリらしいんです。笑

OQTAGON外観

OQTAGON外観

気づいた人もいるかもしれませんが、本場韓国は「OCTAGON」でフィリピンは「OQTAGON」なんです。
なので、恐らく間違えてきた韓国人が多いという僕の推測です。笑

あとはセブ島留学にきたばかりの日本人留学生、欧米人などですね。

ちなみにエントランスはこんな感じで、とても綺麗な印象。

男性のサンダル&タンクトップはドレスコード的に入れない可能性大なので気をつけて!(女性は多分いける)

エントランス

エントランス

さあお次はこれ

焦らないで!アツいのは週末12時過ぎ

フィリピンって絶対どこかで誰かが歌ってたり爆音で音楽が流れていたりします。
「じゃー、毎日クラブも人がいっぱいいるんじゃ!?」と思ったあなた。

実はそうでもなかったりする。

平日は結構ガラガラな時が多い

そう、平日はマジでガラガラ。日本と同じで3〜4時にはほとんど帰っちゃいます。
僕のセブ島初OQTAGONは確か火曜でしたが、見事にガラガラで1時間もしないうちに帰りましたね。笑

なので、一番人が多くて盛り上がってる時は日本と変わらず週末金土の夜の12〜1時くらいですね。

ちなみにこれは週末のVIPからの写真です、こんな感じでスモークも出たりしますよ!

週末はこれくらい混む!

週末はこれくらい混む!

流れるのはEDM、K-POPも多いかも?

クラブ内で流れる曲はEDMや洋楽など、日本のクラブで流れるような曲が多め。
後、さすが韓国のOCTAGONのパクリ。K-POP`も多いです。笑

やっぱりK-POPが多く流れることもあるのか、韓国人は他のクラブに比べてだいぶ多いと思いますね!

僕の友達(女)は毎週飽きず懲りずにOQTAGONに韓国人(男)狩りしに行ってました。

【値段】フィリピンのクラブは激安

基本的に日本より物価が安いフィリピン、フィリピンのクラブも日本に比べたらびっくりするくらい安いんです。笑

エントランスは基本100ペソ、イベントだと1500ペソになることも

OQTAGONの料金はこんな感じ。

料金一覧
  • エントランス 100ペソ(たまに200ペソ)
  • 瓶ビール1本  100ペソ(お釣りを貰えばもっと安い)
  • カクテルテーブル 3000ペソ(3000ペソ分のお酒などが頼める)
  • 両サイドのVIP 平日5000ペソ、休日&休日前7000ペソ(7000ペソ分のお酒などが頼める)
  • DJ横のVVIP 左が15000ペソ、右が20000ペソ

エントランスはたまに200ペソ(約400円)取られることがありますが、日本のクラブと比べたらめちゃくちゃ安いですよね?

ちなみに1ドリンクついてます。

あと、このOQTAGONは韓国のパクリのくせにK-POPアイドルがイベントできたりするんです!でもその時のエントランス料は1500ペソ(約3100円)になることも!

イベントはめちゃくちゃ混むので、そのアイドルが好きじゃない限り行かないことをお勧めします。笑

ドリンクの料金も、瓶ビール1本100ペソ(チップ込み)、ショット1杯160ペソくらいです。

なぜかビールよりショットの方が高いです。笑

タクシーはぼったくりの嵐!

普段の生活でも、セブのタクシーはぼったくってきますが、OQTAGONにいるタクシーは一味違います。

僕もOQTAGONに行く時はタクシーを使っていましたが、行きも帰りもよく運転手とトラブってました。笑

ということで、ぼったくり回避法をとしてはフィリピン人と一緒に乗りましょう。

でも毎回フィリピン人とタクシーに乗るのは中々めんどくさいので、クラブに限らずセブでタクシーを使う際はこの「Grab」を使いましょう!

Grabを使えばほぼ時間通りに指定場所に迎えにきてくれて、金額も最初に決まっているのでぼったくりもなし。
是非みなさん、使ってみてください。

それでは最後に、売春婦についての注意書きです、一読ください。

【注意書き】売春婦に注意!

さあ、皆さん。売春婦には注意してください。マジで。
僕はやった子が売春婦だったことがあり、お金を要求された時は走って逃げました。
これぞ本物のヤリ逃げ。笑

ということで今回は売春婦あるあるを交えながら、説明していきます。
まずはこれ。

①売春婦は、基本的に積極的に話しかけてくる。

まあヤルのが仕事みたいなもんですからね、ガンガン話しかけてきます。
僕も初めて話しかけられた時はモテてるみたいで嬉しかったんですけど、一緒にいた友達に「あれマンゴーストリートにいた売春婦だよ」って言われました。

そんなもんです人生。ハイ次。

②最初は5000ペソ

まず最初に奴らはこっちが何も言ってないのに「5000ペソ」と言ってきます。
「払わねーよ!」と言ったら、なぜか3000ペソに値切りしてくれます。笑

でもねー、日本人ならバカみたいにフィリピン人女性にモテるんですよ。シカトしましょう。どれくらいモテるか知りたい方はこちら。

③複数犯の可能性高し

大体何人か売春婦友達を連れているんですが、「どれが良い?」みたいなことを言ってきます。
どれもよくないです、全部売春婦です。やめましょう。

OQTAGONへのアクセスはこちら

住所 Meerea High Street, Ouano Avenue, Mandaue City, 6014 Cebu, フィリピン
電話番号 +63 917 638 4777
営業時間 毎日営業 21時~7時
FaceBook https://www.facebook.com/oqtagonph/


さあどうでしたか?
せっかくセブ島に行くんだったら朝から夜まで楽しみましょう!セブ島には他にもクラブがあるので、そちらも他の記事で紹介します!