セブ島留学

元インターン生が語る、0円インターン留学のメリット&デメリット

こんにちは、ハルカです。

今回は僕が以前行っていたセブ留学について書きました!
でも僕のセブ留学は「インターン留学」という少し変わった留学でして、それは働きながら授業を受けるというもの。

今回はこの「インターン留学」とはどんなものか。また良いとこ&悪いとこも書いていきます。

それではご覧ください!

インターン留学とは?

さて、僕がさっきから言ってる「インターン留学」というワード。
あまり聞きなれない方が多いと思います。

まあ文字通り「インターン」をしながら、つまり働きながら勉強をするわけです。
これだけ聞くとちょっとワーホリみたいですよね?

それでは少しインターン留学について説明をします。

働く代わりに留学費用を一部免除!

なんとそうなんです、留学費用が免除されるんです。
ここで1つ疑問が出てきますよね。

「一部ってどのくらい?」

ということで実際に僕が行ってた学校のケースを見てみましょう

僕の学校の場合

  • 授業料0円
  • 寮費0円(平日朝夜食付き)

こんな感じでした。
授業料は0円でしたが教科書代は実費、あとビザ代やSSP(就学許可書)代も実費でしたね。

あ、もちろん航空券も実費ですよ。
でも待遇は学校によって違うので、別の学校のケースも載せときます。

例)別の学校の場合

  • 授業料0円
  • 寮費0円(平日朝夜食付き)
  • 教科書代0円
  • ビザ、SSP(就学許可書)代0円

こんな感じ。
僕のケースとは違い教科書代やビザ、SSP(就学許可書)までタダなんです!

学校によって色々違うんですね~、ふむふむ。
でもその代わり、仕事は無給!

もちろん授業料や寮費がタダになってるわけだからまあしょうがないよね。
でも学校によっては無給じゃないところもあるよ!

学校によっては有給インターンもあるよ

さあこの有給インターン。
といってもこれ、調べた限りなにかしらのスキルがなきゃなれないかも。

セブ島ではけっこう有名な「サウスピーク」さんの応募条件はこんな感じ。(サウスピークHPより引用

  • TOEIC LR試験で600点以上、もしくはそれに相当する英語力
  • スマートフォン、PCタイピングができる方(ノートパソコンを持参していただきます)。
  • 健康な方。発展途上国で生活できる方。
  • 煙草を吸わない方
  • 食べ物の好き嫌いがあまりない方 ※アレルギーを除いて
  • 学習意欲が高く、素直な方(素直にフィードバックを受け止められる方はとても伸びます)

こんな感じで、それなりの英語力やPC作業ができる人や、健康でフィリピンに住める人じゃないとダメっぽいですね。

このように有給インターンだとそれなりの能力を求められますが、無給インターンならハードルはそれほど高くはないです。

さあ、費用の面はイメージがついたかな?というところで、肝心な「英語力の上達」について!
やっぱり海外にインターンする目的って、みんな「英語の勉強」のためだと思うんですよね。

僕もそうでした。
ということで、実際に「海外インターンシップ」に半年参加した僕が色々ぶっちゃけます。
こうご期待!

ぶっちゃけ、英語力って上達するの?

さあここは皆さんが一番気になるところ、ぶっちゃけます。
まずはこれから!

通常留学よりは上達できない

さあまずはこれ。
そりゃそう、シンプルに考えてみて

  • 1日6時間の業務
  • 1日4時間の授業

まずこれだけで1日の10時間とられてる。実際はお昼休憩があるから11時間学校にいることになる。
既に一般の生徒と6時間の差が生まれるよ。

「でも海外だし業務で英語使うからむしろ実践的でいいんじゃない?」って思った人。

はい考え甘ーい!
誰も英語を使う業務に就くなんて言ってないよ。

実際に僕が所属してたメディアチームは日本語ばっかり。たまにフィリピン人カメラマンに頼み事したり、アドミンに許可もらいに行く程度。

実際の僕の仕事中はこんな感じ

真面目に仕事中な僕

真面目に仕事中な僕

あとは途中で加入したフィリピン人スタッフと話したりって感じ。

でも僕は多分まだ話していたほうで、他の部署なんかもっと話さないと思う(笑)
なんでかって?

だってほとんどの場合、語学学校のクライアントは「英語を学びたいアジア圏(主に日本人)」がほとんどだから。
こうなると仕事は日本語しか使わないよね。

まあ教室でフィリピン人スタッフと一緒に仕事するインターン生は結構話してたかな?

でも結局その程度しか英語は使わなかったかな、他の学校の話は聞いたことないけど、でもコールセンター業務だとしたら相手は日本人のはずだからもちろん英語は使わないね(笑)

ハイ次!

仕事と勉強の両立は難しい

お次はこれ
うん、やっぱり難しい!

学生時代部活と勉強の両立難しいと思ってたでしょ?それだよそれ。
その部活が仕事に変わったんだから尚更難しいんだ。

なぜ難しいかっていうと、部活は「好きなこと」だったよね?
でも仕事は「やらなきゃいけないこと」になるわけ、つまり義務。

こうなってくるとメンタルの消耗も激しいし、なにより集中力を使うよね。
これが原因で、いざ勉強しようって時に集中力がもたない。

最初はこんな感じでちゃんと受けていても、、。

授業中の僕

授業中の僕

後半になるとどうしても仕事の疲れが出てきてこんな感じに、、。

仕事疲れで寝ちゃいます、、。

仕事疲れで寝ちゃいます、、。

でも例外ももちろんあって、僕なんか運がとても良いほうで、自分がやりたい仕事をさせてもらっていたから勉強もちゃんと集中できてた。
他にもその仕事が好きになった人もいたし、両立が難しいとは一概には言えないね。

ハイ次!

一般生徒との扱いの違い

はい、僕が一番衝撃を受けたのかこれだったかな。
具体的なインターン生への注意点としてはこんな感じ!

  • ほぼ強制的に部屋移動
  • 授業の時間割が変わることがある
  • 自分の席が変わることがある
  • 授業がなくなる(笑)

まあざっとこんな感じ
正直インターン生はどちらかというと「インターンシップ」をしにきてると言ったほうが正しいかも。

だからメインは業務、授業は二の次。みたいなところがあるからあまり授業に関しては期待しないほうがいいかも?

でもこれだと、「お金ない、でも英語もちゃんと話せるようになりたい!」っていう夢がふつーにくずれちゃうよね?

じゃーどうすればいいか。
もうね、単純にこうすればよいと思う。

英語上達したけりゃ遊びに行け!

まあこの一言に尽きます。(笑)
なんでかってまあ大きな理由としてはこれがあるよね

圧倒的な時間の無さ

うん、もうこれ以外ないって理由
英語は時間が経つにつれて慣れていくって感じだから、話す量、時間共に必要だと思うんだ。
それがインターン生ともなると、どうしても6時間の業務時間は削れない。

さあどうする?

そう、フィリピン人と遊ぶしかない!

外に出て英語を話す環境を自ら作り出せ!

もうこれしかない。(笑)
実際に僕は遊びまくってたから遊ばない生徒より外で英語を使う機会が断然多かった。

正直遊びすぎたとも思うけど、遊ばなかったらもっと話せてなかっただろうし、そう思うとやっぱり遊んでよかったと思う(笑)

だって1日たった4時間の授業で、日本人のルームメイトとばっかり話してたら日本で英語勉強してるのと変わらないよ(笑)

だからこそ、もしみなさんがセブ島でインターンをしたいなら遊んだほうがいい。
絶対に。

ちなみにここからはわかる人にしかわからないけど、KTV(キャバクラ)のお姉ちゃんは日本語わからない子を選ぼう。(実際ほとんどの子はわからない)

事実、僕は初めてKTVに行って英語しか通じない状況になった時、「これだ!」ってなったよ(笑)

まあ他にもお酒の場に行ったりすれば、普段より英語に対する抵抗もなくなるからそれでもいいと思うよ。

あ、でもこれだけは注意!
クラブはうるさくて話せないから、英語を使いたいんだったら行く意味ナシ!

まあこんなにインターン留学のことをボロクソ言ってるけど、実は視点を変えると人によってはすごくいい留学になるんだ。

どう言う意味かというとこちら。

海外就職を考えてる人にはもってこい!

そう、もしそこのあなたが「海外で働いてみたいな、、。」と思うんならそれは大いにアリ!
むしろ行けって言うくらいだね。

海外就職について少し話すと、仕事がメインで社員も日本人しかいないと日本語しか基本必要ないんだ。
でも生活する上では日本語は通じないからやむなく英語を覚えるって感じになる。

英語に関して言えばね。
でも勉強する時間を取るより、「生活の中で少しずつでも覚えたい」って人にはインターン留学ってすごいいい経験になると思う。

これは正直そうなっちゃった自分がいるから言えることなんだけどね。
だから、もしそこのあなたが英語を勉強すると言うより「海外で働いてみたい」って気持ちが強いならインターン留学はすごくオススメするよ。

じゃー最後にまとめるね!

まとめ

目的が英語ならお金を払って一般生徒
・インターンは業務優先!
・海外での仕事を経験したいなら大いにアリ

・インターンで英語覚えたいなら毎週末遊び倒せ!

以上、半年間インターン留学した僕の独断と偏見です。

さあみなさん、どうでしたか?
こんな感じでインターン留学はあなたの目的によってはいい方向にも悪い方向にも行きます。

インターンをすることで、英語+αのスキルを身に着けるっていうか強行策もいいかもね。
しんどいけど。笑

ってことで、もし留学に行く際は、自分の目的をしっかりと定めてから行きましょう!!

ちなみに僕がインターン留学をしていた語学学校はここ!

関連記事